ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事
【第9回】 2016年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
須賀正則

連続達成に8つの項目からなる不可欠なサイクルがある

1
nextpage

トヨタ史上最高のオープン初月から48ヵ月連続での販売目標達成において、外せないサイクルがあります。そのサイクルは、8つの項目にわけられます。さっそく重版も決まった新刊『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』から、1つずつ紹介していきましょう。

8つの項目を回す

連続達成を成し遂げるには不可欠なサイクルというものがあり、そのサイクルを着実に回す必要があります。

 順に説明していきましょう。

1.新たな目標

 まずは新たな目標が設定され、そこがスタートとなります。

2.対策準備

 設定された目標に対して、どのような対策をとるべきか、チームとしてのプランを練ります。連続達成することで目標が高くなれば、それに応じて対策も変わってくるはずです。

3.スタッフの納得

 チームの目標を達成するために、個人としてどのような目標を達成する必要があるのか、スタッフに伝えます。その際、「なぜ、あなたにこの目標が与えられたか」を納得できるように説明する必要があります。

4.行動

 目標を達成するためのプランに沿って、スタッフ個々の行動を促します。

5.達成

 目標を達成することで、チーム全体で達成感を確認します。

6.喜び、満足、自信

 目標を達成したうえで、「次もまた達成したい」という意欲につながるものが満足感です。12ヵ連続達成など、大きな節目のときにはみんなで達成感を味わうためのイベントを催すなどして、スタッフに満足感を感じてもらいましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



須賀正則(すが・まさのり)

1958年生まれ。東京都出身。77年、トヨタ自動車直営販売店のトヨタ東京カローラ株式会社に入社。たちまち、新人賞を獲得。やるからには常にトップを目指すという信念から、トヨタ自動車年間優秀セールスマン賞を3年連続受賞。営業マンの憧れである累計販売台数1000台のトヨタ自動車特別表彰を受賞し、金バッチセールスマンとなる。その後、年間優秀マネージャー賞3回受賞、年間優秀店長賞6回受賞など、多大な成績を残す。
98年、39歳にして新車店長に抜擢。その後、武蔵野東八店店長を任される。200メートル圏内に7店舗がひしめきあうエリアを任されるなか、トヨタ販売店史上いまだ破られたことのない、オープン初月から48か月連続で新車販売目標を達成する。雑誌「プレジデント」ほか、さまざまな媒体のトヨタ特集などでトヨタの現場リーダーとして紹介される。
そして、営業部長、本部部長を歴任し、後進店長、管理職の指導、育成に携わる。
2015年、大手損害保険会社に転籍。


トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事

本連載のリーダーシップとは、「偉大な人物の提唱する高度なリーダー論」ではなく、「現場の叩き上げの人間が実践で身につけてきた泥臭いリーダーシップ」です。
トヨタ史上いまだ破られたことのない、オープン初月から48か月連続で販売目標を達成できたのは、寄せ集められたメンバーを中心としたチームを最強の組織に育て上げたから。そんな「メンバー育成術」を、新刊『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』より、一部抜粋して紹介します。

「トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事」

⇒バックナンバー一覧