ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第6回】 2016年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第4回】
畜群道徳……?なんか社畜っぽい響きだね

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
初対面のニーチェにいきなり、「お前は、道徳に縛られているのだ! 」と言われてしまうアリサでしたが、どんどんニーチェの話にひきこまれてしまうのでした。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第4回めです。

畜群道徳……?なんか社畜っぽい響きだね

 私は、夜空を見上げ、これまで経験で当てはまるようなことがあったかを考えていた。群青色の夜空に、うっすら白い桜色が映えている。

 「うーん、そうだね、いままでにあるかも。
 みんながいいと言ってるものは、それだけ賛同者が多いから、それがいいんだろうなって思うことはあったかな」

 「なるほど。具体的にどんなことがあった?例えば、会議で多数決を採ったとして、どちらがよいと思うかに手を挙げる場合、どっちがいいかわからなくても、手を挙げる人が多そうな意見に、思わず手を挙げてしまったような経験とかはあるか?」

 「うん、そうだね。学園祭の出し物を決める時とか、そうだったかも。
 学園祭でメイド喫茶をしたんだけど、多数決を採る時に、周りの人の様子を見て、賛同者が多そうなメイド喫茶に手を挙げたの、思い出した」

 「そうか。こだわりがないのに“みんなが手を挙げてるからこれがいいものなのかも”と錯覚してしまう、ということはよくあることなんだ。
 そのケースでいくと、心の底から“メイド喫茶がいい!”と思っている人間がどれだけいたと思う?」

 「どうだろ、ちょっと興奮気味の男子は何人かいた気がするけど……」

 「なるほど。大多数の意見の中でも“メイド喫茶がいい!”と心底思っている人間と、“みんなが手を挙げている案がいい”と思っている人間に分かれているのだ。
 つまり“みんなが手を挙げている案がいい”と思っている人間は、賛同者が多いのであれば、別にメイド喫茶でなくてもいいのだ。
 女装喫茶でも、お化け屋敷でも、賛同者が多い意見がいいのだ。例外はあるだろうがな、例えばスクール水着喫茶は嫌だとか……」

 「それは嫌だよ!ていうか取り締まられるよ、それ!」

 「まあ、冗談はおいておいて、このように多数の賛同を得ている意見が“よい”と反射的に思ってしまうケースは珍しいことではないのだ。
 私はそれを“畜群道徳”と呼んでいる」

 「畜群道徳……?なんか社畜っぽい響きだね」

 「社畜の中にもいると思うぞ。
  “みんなが、受け入れている条件だから、おかしくないんだ”と、みんなと同じこと=よいことだと思いこむと、間違ったものであっても、よいと思いこんでしまうことはあるだろう。
 ブラック企業にいながらも、その会社の条件や勤務状態に疑問を持たずに逆にやる気を出す人もいるだろう。それこそが、まさしく畜群道徳の骨頂だろう」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧