ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第2回】 2016年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第2回】
「私はニーチェだ。お前に会いに来てやった」

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第2回めです。

祝福できないならば呪うことを学べ

 「私はニーチェだ。お前に会いに来てやった」

 目の前に立ちはだかった男は、たしかにそう言った。

 時刻は二十一時。バイトを終え、哲学の道を通り、バス停まで向かう途中、一人の男が突然ベンチから立ち上がったかと思いきや、私の目の前に立ちはだかったのだ。

 男は、パーマなのかくせ毛なのかわからない、無造作な黒髪。長めの前髪は、分厚い黒縁メガネをした両目にかかっている。日本人のわりには彫りが深めの顔立ちをしている。

 身長は百七十センチ程度だろうか。

 緑色のネルシャツの裾をデニムにしまいこみ、サスペンダーでデニムを留め、背中にはリュックを背負い、ずいぶんくたびれた茶色い革靴を履いていた。

 そしてそのオタクっぽい服装の不審な男は、バイトを終え、バス停に向かう私の前にいきなり立ちはだかり「ニーチェだ」と声をかけてきたのだ。

 「えっと、すいません、人違いじゃないですか?」

 「いや、人違いではない、お前は新しい自分になりたい、私に会いたいと願っただろう、だからこうして会いに来た」

 「え?なんのことですか?知りません……」

 「今日、縁切り神社で新しい自分になれますように!と願っていたではないか。だからその手伝いに来た。私は哲学者のニーチェだ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
われわれはいかに働き どう生きるべきか

われわれはいかに働き どう生きるべきか

P.F.ドラッカー 述/上田 惇生 訳

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年1月

<内容紹介>
寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題――毎日を生きる心得、そしてハウツーを語った幻のインタビュー、初の活字化。すぐれたマネジャーはどのように考え・行動しているかのみならず、よき人生をいかに生きるか、その指針をを示してくれる。ドラッカー教授の温かい眼差しに満ちた一冊。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧