ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第8回】 2016年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第6回】そうだアリサ、最後に……明るい教えをひとつ教えてやろう。

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
ニーチェの言葉を聞いているうち、「人のことを考えないとだめだ、と思っていたけれど、それは私の意見でもなんでもなく、ただ与えられた道徳を鵜呑みにしていただけだったのかもしれない」と思いはじめたアリサでした。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第6回めです。

道徳は正しい!という前提すら疑ってみるのだ

 「そっか、非利己的な考えが出来ない“自己中な自分”を、頭ごなしに悪いと思いこんでいることが、すでに道徳に振り回されていることになるってことかな」

 「そうだ。“自己中な自分”を否定したくなるという気持ちの根底には“自己中でいるのは悪いことだ”という先入観があるのだ。少々過激な言い方をすると、他人から植え付けられた道徳に洗脳されているともいえるだろう。道徳は正しい!という前提すら疑ってみるのだ。
 ただおとなしく従うのではなく、自分自身で考えてみる。疑い、時にあらがってみる。道徳に支配されて、生きる意欲を失速させてしまっては、意味がないからな。
 むやみやたらに道徳に反抗しろ、犯罪に走れと言っているわけではないが、他人から言われたことを鵜呑みにするのではなく、一度疑うことで自分なりに考え直してみることが重要だ」

 そう言うと、ニーチェは満足げに、夜空を見上げ「思ってたよりアホじゃなくて、よかった。いや~会った時はやばいやつだったらまじでどうしようかと思った」とまた失礼極まりない独り言をぶつぶつと呟いていた。あたりはすっかり冷えこみ、ふとももに触れたベンチからもひんやりした冷たさが伝わってきた。

 知らない間に、自分の中で「当たり前」となっていた道徳心。他人から教わった道徳心のはずなのに、いつのまにか自分の意見のように思いこんでいた。

 そう考えると、どこまでが他人の考えで、どこからが私の意見なんだろう。そんなことを思いながら、私は残り少ない冷めて甘さの増したミルクティーを飲み干した。

 ニーチェは私の隣で、何か考え事をしているのか、また人差し指に前髪をくるくると絡め、一気にほどく。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧