ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第7回】 2016年10月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第5回】自己中ではないことをよいこととするのが、ルサンチマン的発想だ

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
ちょっと失礼なニーチェに最初は憤慨していたアリサでしたが、ニーチェの言葉に思わずメモをとり始めるのでした。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第5回めです。

ルサンチマン的な視点って何?

 「えーとちょっと待って、ルサンチマン的な視点って何?」

 「ルサンチマンは、強者に対して妬みを持つ弱者だ。お金がない者でも、モテない者でもなんでもいい。
 T.M.Revolution の歌でもあるだろう?“チカラもナイ、お金もナイ、ナイナイばっかでキリがない”と。力やお金がなくて、斜に構えた感じのやつをイメージすればいい。
 ルサンチマンは「お金ばかり追い求めるのはよくない」と自分に言い聞かせながらも、本心ではお金を欲している。“別に出世できなくても、ある程度楽に仕事できればいいや”と言いながらも、上司から認められることが、本当は嬉しかったりする。
 しかし、苛酷な現実に押しつぶされないために、傷つかないために、自分に“これでよい、お金が手に入らなくても、出世できなくても、これでいいんだ”と言い聞かせているのだ。
  “これがいい!”ではなく“これでいいんだ”と自分に言い聞かせているようなものだな。いわば、禁欲的な生き方でもあるな」

 「つまり、達観している感じの人?さとり世代的な?」

 「達観しているというよりも、欲がありながらも、無欲であることの方が“よい”として我慢しながら、生きている人をイメージするといいだろう。
  “お金や成功を追い求める気持ち”は汚れている、よくないと、思いこんで自分の欲望を押し殺し、“お金や成功が手に入らなくても頑張っている自分”に満足しようとする。一般的によいとされていることが当たり前だと思いこみ、疑問を持たずに、大衆に流される。
  “お金や成功を追い求めること、強いこと、利己的なこと”が悪いとされ、“お金に執着しないこと、弱いこと、自己中ではないこと”をよいこととするのがルサンチマン的発想だ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧