ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

 きちんと運用しないといっこうに格差を埋められないとはいえ、リスクのある商品は絶対にパスしたいという人もいるはず。現在、安全確実な金融商品で最も有利なのは何か?

100万円預けても利息差は2000円弱

 20年前のバブル崩壊以来、日本の金利は低下の一途。リーマンショックで世界的にも金融緩和が実施され、日本はゼロ金利からいっそう抜け出せなくなった。

上記商品のほか、ややリスクはあるが公社債なども(約0.36%~)もある

 そのシワ寄せであらゆる金融商品の利回りが低下し、安全確実なものに的を絞るとほとんど増えないのが現実だ。それでも相対比較では他を圧倒するのがネット銀行の定期預金だが、ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんは指摘する。

 「金利優遇キャンペーンが終わったばかりで、ネット銀行の定期預金といえど大差がないのが実情。100万円を預けても、一般の定期預金は年間200円ぐらいの利息しかつかないのに対し、ネット銀行なら2000円ぐらいにはなる。その程度の違いにすぎない」

 とはいえ、ネットで簡単に申し込めるので、「銀行預金が一番安心!」と考える人なら利用しないのは損。預金保険制度によって、預金者1人当たり元本1000万円とその利息が保証されている。

債券を買うという選択肢もあるが…

 一方、安全性が極めて高いといえば、国が元利の支払いを約束した個人向け国債も然り。もっとも、藤川さんは疑問を投げかける。

 「9月発行分の3年もの個人国債の利回りは0.12%にすぎなかった。その程度のインカム(利回り収益)でありながら、3年間も資金を動かせなくしてしまうのはいかがなものか? 個人的には、同じ運用期間なら社債を選ぶ」

 改めて説明すると、国債は国が発行した債券で、社債は企業が発行したもの。地方自治体などが発行する公債という債券もある。いずれも発行元が破綻すれば、元金の返還や利払いが滞る恐れがある。

 当然、その可能性の高さは、「企業>地方自治体>国」という順になろう。債券の世界には、発行元の破綻リスクが高い(信用力が低い)ほど利回りが高くなるという法則がある。地方自治体にも夕張市のような破綻事例がある一方、企業の信用力に至ってはかなりの格差があるのが現実だろう。

 したがって、国債以外の債券は利回りの高さに見合ったリスクがあると思ったほうが無難。加えて、最近出回っている社債は高いものでも1%台の利回りで、「この企業は絶対倒産しない」と確信できない限り、3~5年間も大切な資金を投入するのは考えものかも?

結局、商品選びは金利の見通し次第

 結局、金融商品選びを決定づけるのは、先行きに対する自分自身の見通し次第だ。3年、5年といったスパンで超低金利が続くと思えば、現時点で最も利回りが高く、安全性も高いと判断できるものを選ぶのが得策だろう。ただ、この10年間、日本ではずっと超低金利が続いてきたのは事実である半面、人類の長い歴史を振り返れば、それは異例中の異例であることも確かである。

 その一方で、目先を変えれば、高利回りを期待できる運用対象が見つからないわけでもない。藤川さんは次のような具体例を挙げる。

 「いずれ使うことが前提なら、百貨店の商品券積立も一考。利回り換算すると、巷の金融商品を圧倒している。住友不動産の『サーフ』も、同社の債券と同じ感覚で運用できてまずまずの利回り」

<お話を聞いたのは>
家計の見直し相談センター
藤川 太さん
保険を始め、年金、不動産有価証券など、お金に関するあらゆる問題についてのマネープランをアドバイスするファイナンシャル・プランナー。

(文/大西洋平)

※この記事は2010年11月20日(土)に発売された月刊マネー誌『ダイヤモンドZAi』に掲載。誌面では各銀行や商品別の詳細も。1月号の特別付録は大人気の「株主優待最強カタログ 841銘柄を完全収録!」。ぜひご覧ください!

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事

DOLSpecial

underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus

ゴルフ情報サイトOPEN
【ゴルフ情報サイトOPEN】
名門ゴルフ場でプレー 半蔵門ゴルフ倶楽部 名門の条件 東京ゴルフ倶楽部 他
「買い時!」ならば物件探しを
【「買い時!」ならば物件探しを】
新築・土地・中古の物件情報や、住まい探しのノウハウを公開中!

話題の記事

週刊ダイヤモンド

特大号・特別定価号を含め、1年間(50冊)市価概算34,500円が、定期購読サービスをご利用いただくと25,000円(送料込み)。9,500円、約14冊分お得です。さらに3年購読なら最大45%OFF。

ハーバード・ビジネス・レビュー

詳しくはこちら

1冊2,000円が、通常3年購読で1,333円(送料込み)。割引率約33%、およそ12冊分もお得です。
特集によっては、品切れも発生します。定期購読なら買い逃しがありません。

ZAi

詳しくはこちら

年間12冊を定期購読すると、市販価格7,150円が6,600円(税・送料込み)でお得 です。お近くに書店がない場合、または売り切れ等による買い逃しがなく、発売 日にお手元へ送料無料でお届けします。
※別冊・臨時増刊号は含みません。

Keyword

ダイヤモンドZAi 注目記事!

ダイヤモンド・ザイの最新号から注目記事をオンラインで全文読めるようになりました。その他、ネット証券に関するニュースや使いこなしガイドなど、投資に関する情報を日々お届けしています。

「ダイヤモンドZAi 注目記事!」

⇒バックナンバー一覧