ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
頭痛は消える。
【第7回】 2016年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
清水俊彦 [東京女子医科大学 頭痛外来]

頭痛薬の服用タイミングは、
片頭痛の人は異常な空腹感や生あくび
【クスリを服用する時の頭痛予防習慣】

1
nextpage

慢性的な頭痛に悩まされている日本人は約4000万人。そのうち、約2000万人以上が緊張型頭痛に、約840万人が片頭痛に悩まされている。
ところが、「多忙のために、医療機関を受診する時間もなく、日々、頭痛と闘いながら仕事をこなしている頭痛持ちの人たちに、『生活上のちょっとしたコツで、頭痛は消える、防げる』と言っても、すぐには信じてもらえません。しかし、専門家の目でみなさんの日常を見てみると、これでは、頭痛が起きても仕方がないとため息をつきたくなるような生活をしている人が、ほとんどなのです」と語るのは、9月30日発売『頭痛は消える。』の著者であり、頭痛治療のエキスパート・清水俊彦氏(東京女子医科大学 頭痛外来)。
科学的なデータとこれまでに治療してきた約200万人の体験談から抽出した選りすぐりの「頭痛を起こさない58の生活習慣」を、7つの生活シーンに分けてご紹介。その中から各2項目を7回にわたって連載。

緊張型頭痛の人は、
痛み始めたらすぐ飲む

イラスト:えなみかなお(asterisk-agency)

つらい頭痛からは一刻も早く逃れたいものですが、頭痛が起こってもすぐに医療機関を受診できるものでもありませんから、手近にある市販の頭痛薬を効率よく活用したいものです。

ただし、そのためには、頭痛のタイプによって頭痛薬の服用タイミングが異なることを知っておいてください。

緊張型頭痛には、片頭痛のような吐き気や光、音過敏、日常の動作での頭痛の増強などといった症状はありませんから、痛み始めたらなるべく早期に頭痛薬を服用することで治まります。

ところが、片頭痛の場合は、飲むタイミングを逃すと、せっかく服用しても嘔吐してしまい、2~3日寝込んでしまうことにもなりかねません。

したがって、頭痛が起こる予兆を察知して、そのタイミングで服用するよう心がけなければならないのです。

片頭痛の起こる予兆症状としては、異常な空腹感や肩こり、生あくび、トイレに行く回数が減って何となく体がむくんだような感じ、などがあります。

異常な空腹感は、血糖値が低下し脳血管が広がりかけることから起こります。

この広がりが全身の血管にも及び、血管外に水分が漏れ出すことで体のむくみが生じ、トイレに行く回数が減るのです。

また、片頭痛の三叉神経のサテライから発せられた頭痛信号が、脳幹部の下方にある横隔膜を支配する脳神経を刺激することで、生あくびが止まらなくなるのです。

●ポイント:予兆が出始めたら、すぐに頭痛薬を飲む

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


清水俊彦(しみず・としひこ) [東京女子医科大学 頭痛外来]

東京女子医科大学大学院修了。医学博士。日本脳神経外科学会認定医。日本頭痛学会幹事、監事を歴任。現同学会認定指導医。東京女子医科大学脳神経外科(頭痛外来)客員教授。獨協医科大学神経内科学講座臨床准教授。 1日に約200人(月間6000人)の患者を診る頭痛治療の第一人者。TV番組「ガッテン!」(NHK)、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」(朝日放送)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日)などでも知られ、他の病院で治らない頭痛患者が全国から集まる。TV・雑誌等で精力的に頭痛解消の啓発を行うほか、慢性頭痛に悩む患者とその家族の会である「全国慢性頭痛友の会」の顧問も務めた。一般社団法人グリーフケアパートナー理事。著書は、『頭痛女子のトリセツ』『Dr.クロワッサン 頭痛に負けない暮らし方』 (ともにマガジンハウス)、『脳は悲鳴を上げている』(講談社+α新書)ほか多数。


頭痛は消える。

慢性的な頭痛に悩まされている日本人は約4000万人。そのうち、約2000万人以上が緊張型頭痛に、約840万人が片頭痛に悩まされている。ところが皆さん、多忙のために、医療機関を受診する時間もなく、日々、頭痛と闘いながら仕事や家事をこなしているのが現状。そんな頭痛持ちの人たちのために、暮らしの中で「頭痛を消す」「頭痛を起こさない」58の習慣を紹介する。

「頭痛は消える。」

⇒バックナンバー一覧