長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉
【第31回】 2016年10月13日 樋口直哉 [小説家・料理人]

水木しげる、甘いもの好きでも“無病”のワケ

イラスト/びごーじょうじ

 『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』をはじめ多くの作品を残した漫画家、水木しげる。日本文化の特異的創造である〈妖怪〉に命を吹き込み、日本人に再発見させるなど、功績についてはあらためて語るまでもない。書き込まれた背景にデフォルメされたキャラを融合させた画風は今でも新鮮だ。

 水木は自伝を多く残していることもあって、その半生は広く知られている。少年時代に「のんのんばあ」という老婆の影響で妖怪に興味を持ち、戦争では一兵士として南太平洋の激戦地ラバウルに送られ、空爆により左腕を失う。帰国後、美術学校を経て、紙芝居作家、それから漫画家になり、六十年以上の画業を続けることになる。九十一歳で新連載をはじめるなど長寿者だった水木の創作欲は衰えることがなかった。

 長寿の理由は一般的に遺伝と考えられている。たしかに水木にも二人の兄弟がいるが、それぞれ長寿者だ。しかし、それだけが理由ではない。北欧で実施された双子を対象とした研究によると長寿における遺伝素因は25%ほど。残りの75%は生活習慣などの環境素因とされている。

 では、水木はどんな生活を送っていたのか。食生活では「人並はずれて胃の良い家系に生れた」「軍隊にいた時も腹が痛くなったことはなかった」と言う彼は胃腸が丈夫な健啖家だった。

 自らの食生活について語った著書『ちゃんと食えば、幸せになる』によると90歳の時点で食事は1日2食におやつ。酒を一滴も飲まない水木は甘いものに目がなく、ざらめ煎餅やどら焼きなどお菓子をたくさん食べていた。季節の果物も好きだったという。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉

1日でも長く生きたい――。きっと多くの人が望むことだろう。では、実際に長生きをした人たちは何を食べてきたのか。それを知ることは、私たちが長く健康に生きるためのヒントになるはずだ。この連載では、歴史に名を残す長寿の人々の食事を紹介。「長寿の食卓」から、長寿の秘訣を探る。

「長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉」

⇒バックナンバー一覧