ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話もメールも英語は3語で伝わります
【第8回】 2016年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
中山裕木子

doやmakeを使いすぎると、
「ぼんやりした英語」になる

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案!

コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。
SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。

新しい文法、単語、構文の暗記はいりません。

「伝わる英語は、やさしい英語」をモットーとし、最新刊『会話もメールも 英語は3語で伝わります』の著者である中山氏に、その詳細を語ってもらいます。

抽象的で「ぼんやりした英語」になっていませんか?

1語だけで、「動作」が伝わりますか?

 動詞には、その1語だけで動作を具体的に表すことができる動詞と、そうではない動詞があります。

中山裕木子
(なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある

 例えば、次の動詞は動作が具体的に伝わるでしょうか。

do(する)
perform(行う)
make(作る)

 これらの動詞は、具体的に何をするのかがわかりにくくなっています。doやperformは、「する」「行う」を表しますが、「何をする[行う]」のかはわかりません。

 makeの場合、「作る」ことはわかりますが、意味が広く、具体的にどのような動作をするのかがわかりにくくなっています。

 それに対して、具体的で明快な意味を1つだけ持っている動詞があります。その例を見てみましょう。

「私たちは企業訪問をする」
We do company visits.

We visit companies.

 動詞doの使用をやめ、名詞形visitsに隠れていた、動詞visitを使用します。

「X社はY社に話を持ちかけた(アプローチした)」
X company made an approach to Y company.

X company approached Y company.

 動詞makeの使用をやめ、名詞形an approachに隠れていた動詞approachを使用します。

「Z社は、生産拠点を台湾に移した」
Z company performed shifting of its production to Taiwan.

Z company shifted its production to Taiwan.

 動詞performの使用をやめ、動詞を名詞形にした形(動名詞と呼ばれる)のshiftingを、動詞shiftとして使用します。

 具体的な動作を表す動詞を使えていないとき、本来の動詞が英文に隠れていないかを考えましょう。多くは「動詞の名詞形」として、本当に使いたい動詞が英文のどこかに隠れています。それを見つけ出し、「3語の英語」の主役として使いましょう。
※「3語の英語」の基本は、下記記事にて
―日本人の英語は「長くて、難しい」3語でしっかり伝わりますー

 「3語の英語」は動詞が決め手です。動詞はできるだけ具体的に表せるものを選びましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、7/2~7/8)



中山裕木子 (なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。 1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1 級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。
2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4 月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。
「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある。


会話もメールも英語は3語で伝わります

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案! コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。「3語」の組み立てパターンも徹底解説! これであなたの英語が変わります!
 

「会話もメールも英語は3語で伝わります」

⇒バックナンバー一覧