ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話もメールも英語は3語で伝わります
【第1回】 2016年10月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
中山裕木子

“英語は3語で伝わります”
特許翻訳者が教える「やさしい英語」

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案!

コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。
SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。

新しい文法、単語、構文の暗記はいりません。

「伝わる英語は、やさしい英語」をモットーとし、最新刊『会話もメールも 英語は3語で伝わります』の著者である中山氏に、その詳細を語ってもらいます。

伝わる英語は、やさしい英語

 「私の仕事は英語講師です」。
これを英語にするとき、あなたはどう考えますか?

 「私の仕事」はMy job...。
「英語講師」はEnglish teacher...。
そうそう、冠詞のan をつけてan English teacher...。
「~です」にはbe 動詞のis を使って…。

 My job is an English teacher.(完成!)

 正しい英語です。ですがこの英語、もっと簡単に、しかもわかりやすくできます。

 I teach English.

 どうでしょう。直訳すると、「私は英語を教えています」ですが、意味は「私の仕事は英語講師です」と同じです。文が短くなっただけではなく、直感的にも理解しやすくなっていませんか。

 本連載を通して、皆さまに学んでいただきたいのは「複雑な文をやめて、まずは3語(主語、動詞、目的語)で組み立てる」というスキルです。

難解な英語から生まれた
「3語の英語」

 私は若い頃、生真面目に英語を勉強していました。学生時代にTOEIC950点、そして英検1級を取得。その後TOEIC のさらなる点数アップを経て、英語を積極的に学びました。

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。 2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。 2001年に工業英検1 級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。 2014年4 月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。 著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある。

 しかしひとたび社会に出ると、英語を「使う」ことがまったくできないことに気づきました。最初の就職先の工業薬剤メーカーでは、英語を思うように話せず、そして書くこともできません。

 会話はおろか、得意だと思っていた英文法、英語ライティングですら、実務の世界では苦戦しました。

 落胆しました。苦しい。情けない。

 すがる思いで就いた次の仕事は、「特許翻訳」という英語ライティングの中でも、特に難関な分野です。新しい発明における「技術」を英語で描写し、その上でアメリカやヨーロッパの国々へ「特許出願する文書」を英語で書く仕事です。いわゆる産業翻訳の中でも、特殊で超難関とされています。

 あえて超難関な英語ライティングに取り組み、苦しい英語漬けの日々を過ごし鍛錬することで、自分の英語が改善されるのではないか、と考えました。大変かもしれない。しかし、挑戦してみたいと思いました。

 予想通り、いえ予想以上に苦しみました。まったく歯が立たない。まず、「技術」を説明する日本語の意味がわからない。そして、それを英語で組み立てる表現力もありません。

 特許の日本語と英語は、特殊で難解です。新しい発明を扱うため、内容が複雑で、1文が長く、しかも冗長な傾向があります。さらには「特許の英語は、別に読みづらくてもよい」という業界の風潮もありました。

 しかし、難解で読みづらい英語では、特許を取得できる可能性が低くなります。「伝わらない英語」を組み立てても、なんの意味もない。そんな現実を目の当たりにしてきました。

 この苦しさから抜け出したい。この世界をなんとか変えたい。そう強く思いながら、苦悶していました。

 そんなとき、救済を求めて探し当てたのが、その後の私の英語の指針となる「英語テクニカルライティング」でした。テクニカルライティング、工業英語、技術英語などとも呼ばれます。

 英語テクニカルライティングのルールにしたがえば、「複雑な専門技術の文」も、「難解な技術的構造・メカニズムの文」も、平易な英語で表現できることがわかりました。

 複雑で難解な特許の英語でさえ、いえ、むしろ特許の英語にこそ、この平易な英語の組み立てスキルが必要だと確信したのです。そして、そのコツやヒントが書かれているテクニカルライティングに関する和書・洋書を読みあさりました。

 複雑な専門技術を英語で伝えるには、その技術を平易な日本語に置き換える力と、それをわかりやすい自然な英語にする表現力が求められます。

 その鍛錬の中で、私は1つの結論に達しました。内容が複雑であればあるほど、それに見合った複雑な英文を組み立てるのではなく、その逆を目指すべきだとわかったのです。

 その結果、どんな複雑な文も、いわゆる5つの文型(SV、SVC、SVO、SVOO、SVOC)のうち、最も力強く、最も簡単なSVO(誰かが、何かを、する)を使って表現するテクニックを習得したのです。

(次回に続く)

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中山裕木子 (なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。 1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1 級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。
2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4 月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。
「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある。


会話もメールも英語は3語で伝わります

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案! コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。「3語」の組み立てパターンも徹底解説! これであなたの英語が変わります!
 

「会話もメールも英語は3語で伝わります」

⇒バックナンバー一覧