ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ザッポス最強伝説~アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか

「ちょっと変なカルチャーで勝負する」
ザッポスの企業文化はどこがすごいのか?

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第3回】 2010年12月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ザッポス最強伝説を読み解く短期集中連載の第3回は、「楽しくてちょっと変な」同社の企業カルチャーの秘密に迫る。なかでも、社員の手作り動画は、ザッポスのコアバリューを知るうえで、必見だ!

電子書籍版『ザッポス伝説』発売記念!
2010年12月21日までの3日間限定無料キャンペーン実施中です

 12月2日に発売された『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説』(ザッポス・ドットコムCEO トニー・シェイ著 本荘修二監訳)が、好調な売れ行きを見せていることもあり、「ザッポスの強い企業文化」といったキーワードが日本語のネット上でも、飛び交うようになってきた。

 実際、同書には「企業文化こそブランド」「企業文化がしっかりしていれば、最高のサービスにつながる」「企業文化がすべて」「企業文化こそ成功をもたらす」といったフレーズが幾度となく登場し、ある意味で企業文化の勉強本と言えなくもないほどだ。しかし、未読の人にとって、そもそもザッポスの企業文化が強いというのは、どう強いのかイメージできるだろうか?

「楽しくてちょっと変」なコア・バリューとは

 次の動画を見てほしい。

Be Fun and a Little Weird!!!(楽しくちょっと変でいる)

 これは、ザッポスの企業文化を文章化したコアバリュー(中核的価値観)の中の1項目の紹介ムービーである。一企業のコアバリュー紹介がかなりの視聴者を持つことも驚きだが、「あなたにとって、楽しいこと(FUN)、ちょっと変なこと(WEIRED)は何ですか?」と、ただ聞いて社内を歩いているだけの映像がエンターテインメントとして成立してしまうことは、すごいことだ。この動画はザッポス社員の手作りで、収録のために入念なダンドリが組まれたものではないからである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


ザッポス最強伝説~アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか

熱狂的なファンがそのサービスをほめ称え、クチコミで次々と新規顧客を呼び込み、成長を続ける――経営者にはなんともうらやましい限りの会社がある。アメリカの靴のオンライン小売、ザッポスである。日本では事業展開していないにもかかわらず、日本にさえファンを持つザッポス最強伝説の裏側を追う。

「ザッポス最強伝説~アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか」

⇒バックナンバー一覧