ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

上海セコムの総経理が語る成功の掟(上)
規制の壁を破る「合弁戦略」のウルトラC

――山口忠弘・上海西科姆電子安全有限公司・董事・総経理に聞く

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第13回】 2010年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日系競合他社に先駆けて中国に上陸し、ローカル企業との合弁を繰り返しながら、急成長中のセコム。これまで、官による規制が他産業よりも厳しかった警備・セキュリテイ市場で、頭一つ抜けたシェアを獲得するに至った背景には、どのような戦略があったのだろうか? それを学ぶことは、生き馬の目を抜く中国市場で一攫千金を夢見る日系企業にとって、大いに参考になるはずだ。上海セコム(上海西科姆電子安全有限公司)の山口忠弘・董事・総経理が、その経緯を語る。

山口忠弘/上海セコム(上海西科姆電子安全有限公司)董事・総経理。1976年、日本警備保障(現セコム)入社。名古屋支社、札幌駐在、東京本社勤務、台湾駐在、中部本部営業開発課長、福山支社長、九州事業部課長、セコム山陰統括部長、神奈川第二支社営業部長、ホームセキュリティ販売会社取締役、海外事業部中国グループ担当部長などを歴任。95年、総経理として上海セコムの立ち上げに携わる。98年に帰国後、武蔵野三鷹ケーブルテレビに代表取締役社長として出向。2006年から再度上海に赴任し、上海セコムの総経理を務める。

――中国における警備・セキュリティビジネスの状況はどうですか?

 現在、中国でセコムがサービスを提供している地域は15都市ありますが、私は浙江省と山東省を除く華東地域(広域上海圏)の事業運営を担当しています。

 日本を含め、どの国においても治安に関係する警備・セキュリティビジネスは、基本的にローカル企業、軍、警察などが独占しているケースが多いのが現状です。

 中国も、これまで公安局の関連組織である公営企業が警備サービスを独占してきました。「1つ1つの建物の治安が守られれば、町全体の治安も守ることができるので、これは政府が司る分野」という発想でしょう。

 たとえば上海の場合、区ごとに公営の警備会社があります。警備会社によっては、「治安維持は営利ビジネスではなく公営事業」という考えに基づき、ある意味利益度外視でサービスを提供しているところもあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧