ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

JR九州上場、成長戦略は「鉄道以外」で勝負!

ダイヤモンド・オンライン編集部
2016年10月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

25日、今年の大型IPO(新規株式公開)案件として注目されるJR九州が上場する。国鉄の分割民営化で発足してから約30年。JR北海道、JR四国とともにドル箱路線がなく、「上場は難しい」と言われたが、不動産など「鉄道以外」の事業で活路を見出した形だ。

「上場は無理」を覆した
3つの要因とは?

 「LINEに次ぐ大型IPO」として注目を浴びたJR九州上場。九州全域に線路網を持ち、売上高は3779億円(2016年3月期)。知らない人はほぼいないほどの知名度の高さもあって、多くの投資家たちの関心が集まった。

九州新幹線鹿児島ルートの全面開通を経て収益基盤を強化し、25日に上場するJR九州。鉄道会社ではあるが、収益の半分以上は不動産や流通業など非鉄道事業が稼ぐ

 しかし、そんな有名企業でも、上場への道は平坦ではなかった。

 「大都市圏を除いてローカル線は赤字。新幹線で稼ぐしかない」と言われてきたJR各社の経営。1987年のJR発足後、90年代にJR東日本、JR西日本、JR東海が相次いで上場したが、「3島会社」(JR北海道、JR四国、JR九州を指す)と、貨物会社・JR貨物の計4社は「上場は難しい」と考えられてきた。

 不利な条件を覆すことができた要因は、九州新幹線の開業効果と不動産事業の拡大、そして、いわば「国のおカネでリストラができた」格好となった経営安定化基金の取り崩しの3点だ。

 ほかの「3島会社」メンバーと同じくJR九州も民営化以降、鉄道事業の営業損益は赤字続き。鉄道事業を含む運輸サービス事業では16年3月期も105億円の営業赤字だった。業績を支えているのは、むしろ建設事業や駅ビル・不動産事業、流通・外食事業である。この3つの事業で合計299億円の営業利益を稼いでいる。

 11年3月に博多~新八代間が開業し、04年に先行開通した新八代~鹿児島中央間と合わせて全線開通となった九州新幹線鹿児島ルートは、これらの「鉄道以外」の収益アップにも大きく貢献した。開業に合わせてオープンした博多駅前ビル「JR博多シティ」は、北九州市など周辺地域のお客をも吸い寄せる力を持っている。

 「運賃だけでなく、駅ビルやホテルはもちろん、テナントに入ったコンビニやパン屋に至るまで、新幹線が開通すると人の往来が増える分、さまざまな収入増が期待できる」。あるJR関係者が話すように、新幹線開通はこうした周辺事業への波及効果が非常に大きい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧