ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?
【第2回】 2016年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
大原ケイ

『最高の休息法』
瞑想が科学的検証をともなって日本へ逆輸入?「マインドフルネス」が疲れた脳を癒す

1
nextpage

ニューヨークと東京を往復し、世界中の書籍コンテンツに精通するリテラリーエージェント大原ケイが、トップエリートたちにいま、読まれている話題の最新ビジネス書を紹介する好評連載。第2回目は、シリコンバレーやウォール・ストリートでバズワードとなっている「マインドフルネス」のベストセラー本について。

仏教に留まらない「瞑想」の効果

シリコンバレーやウォール・ストリートでなにやら昨今バズワードとなっている「マインドフルネス」という言葉を聞いたことがあるだろうか?それともとっくの昔に知っていて、既に実行しているだろうか?

 「マインドフルネス」とは、元をたどると特に目新しいコンセプトではなく、日本人の私たちもよく知っている、仏教でいうところの「念」や「気づき」のことだ。この10年ほど、スピリチュアル系限定のトピックだった瞑想の物理的な効果が、科学的データによって裏づけられる臨床研究報告が増え、今では「マインドフルネス」をアマゾンで検索すると8000近い本が引っかかる。

 アメリカでのブームを牽引したのは、1979年に設立された「マインドフルネス・センター」で、グルはジョン・カバット=ジンなる人物。「瞑想によって意図的に注意力を傾け、良し悪しの判断なしに現時点の事象を受け止める」ことをマインドフルネスというのだそう。2012年に実施された全米健康意識調査では人口の8%に当たる1800万人が定期的に実行しているという結果が出たほどだ。

 最初にマインドフルネスを謳い、ベストセラーになった本はマーク・ウィリアムスとダニー・ペンマンの共著「Mindfulness: A Practical Guide to Finding Peace in A Frantic World」だろう。既に世界26ヵ国語に訳され、本元のイギリスでは8のうちの1つの家庭に一冊はある計算になるという。日本では創元社から『自分でできるマインドフルネス』としてこの7月に刊行されたばかりだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



大原ケイ
「講談社アメリカ、ランダムハウス講談社などの出版社に勤務、日英両語でベストセラーをウォッチしてきたバイリンガル。2007年にリテラリー・エージェントとして独立。日本の著書を海外の出版社に売り込む傍ら、編集者たちから直々に「これから出る話題のタイトル」の話を聞くのを楽しみとしている。」


世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?

「これがいま、世界で売れている話題のビジネス書だ!」
世界中の書籍コンテンツに精通するリテラシーエージェント大原ケイが
トップエリートたちにいま、読まれている話題の最新ビジネス書情報をNYからお届けします。
 

「世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?」

⇒バックナンバー一覧