ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?
【第2回】 2016年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
大原ケイ

『最高の休息法』
瞑想が科学的検証をともなって日本へ逆輸入?「マインドフルネス」が疲れた脳を癒す

1
nextpage

ニューヨークと東京を往復し、世界中の書籍コンテンツに精通するリテラリーエージェント大原ケイが、トップエリートたちにいま、読まれている話題の最新ビジネス書を紹介する好評連載。第2回目は、シリコンバレーやウォール・ストリートでバズワードとなっている「マインドフルネス」のベストセラー本について。

仏教に留まらない「瞑想」の効果

シリコンバレーやウォール・ストリートでなにやら昨今バズワードとなっている「マインドフルネス」という言葉を聞いたことがあるだろうか?それともとっくの昔に知っていて、既に実行しているだろうか?

 「マインドフルネス」とは、元をたどると特に目新しいコンセプトではなく、日本人の私たちもよく知っている、仏教でいうところの「念」や「気づき」のことだ。この10年ほど、スピリチュアル系限定のトピックだった瞑想の物理的な効果が、科学的データによって裏づけられる臨床研究報告が増え、今では「マインドフルネス」をアマゾンで検索すると8000近い本が引っかかる。

 アメリカでのブームを牽引したのは、1979年に設立された「マインドフルネス・センター」で、グルはジョン・カバット=ジンなる人物。「瞑想によって意図的に注意力を傾け、良し悪しの判断なしに現時点の事象を受け止める」ことをマインドフルネスというのだそう。2012年に実施された全米健康意識調査では人口の8%に当たる1800万人が定期的に実行しているという結果が出たほどだ。

 最初にマインドフルネスを謳い、ベストセラーになった本はマーク・ウィリアムスとダニー・ペンマンの共著「Mindfulness: A Practical Guide to Finding Peace in A Frantic World」だろう。既に世界26ヵ国語に訳され、本元のイギリスでは8のうちの1つの家庭に一冊はある計算になるという。日本では創元社から『自分でできるマインドフルネス』としてこの7月に刊行されたばかりだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    大原ケイ
    「講談社アメリカ、ランダムハウス講談社などの出版社に勤務、日英両語でベストセラーをウォッチしてきたバイリンガル。2007年にリテラリー・エージェントとして独立。日本の著書を海外の出版社に売り込む傍ら、編集者たちから直々に「これから出る話題のタイトル」の話を聞くのを楽しみとしている。」


    世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?

    「これがいま、世界で売れている話題のビジネス書だ!」
    世界中の書籍コンテンツに精通するリテラシーエージェント大原ケイが
    トップエリートたちにいま、読まれている話題の最新ビジネス書情報をNYからお届けします。
     

    「世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?」

    ⇒バックナンバー一覧