ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

レゴブロックで自分の思考を「形」にする効用

情報工場
【第29回】 2016年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

過去の経験は新たな知識の学習を促進する

 今年、生まれて初めて米作りにチャレンジした。近隣に住む、IT企業の社長をしながら有機農業を営む方と知り合いになり、春先に小さな田んぼを貸してもらったのだ。彼にいろいろと教えを請いながら、何とか収穫まで終えることができた。

 何しろまったくの未経験なので、さまざまなことを一から覚えなければならなかった。とくに難儀だったのが、農業機械を使いこなすことだ。動かし方をていねいに教えてもらい、頭では理解できたつもりだった。しかし、田んぼのどろどろの土の上では、トラクターも刈り取り機も、なかなか思い通りに動いてはくれない。

 それでも、トラクターを左右に転回させる操作はうまくできるようになった。トラクターは、クラッチをつなぐと左右両輪が同じ速度で回転するので、まっすぐ進む。左右どちらかに曲がりたい時には、左用と右用と2つあるブレーキのどちらかを使って、曲がりたい方向の車輪を止めればいい。たとえば左に曲がりたい時には左の車輪をブレーキで止める。そうすれば、右の車輪だけ回り続けるので、だんだん車体が左に向いていく、といった具合だ。

『戦略を形にする思考術』
ロバート・ラスムセン 著  蓮沼孝/石原正雄 編著
徳間書店
203p 1300円(税別)

 最初にそれをやってみた時、子どもの頃に作ったプラモデルの戦車と同じ動かし方であることに気づき、「なるほど」と思った。それを思い出したことで、トラクターの向きを変えるのだけは、うまくできるようになるから不思議だ。過去に類似した経験があると、新しいことでも早く身につけられるようだ。

 本書の著者、ロバート・ラスムセン氏は、世界中で使われている組み立てブロックの玩具「レゴ」発祥の地、デンマークの生まれだ。学校教員から学校長を経てレゴ社教育部門に入社。研究開発部門の統括責任者として数多くの優れた教材製品を世に送り出した。MIT(マサチューセッツ工科大学)発の教育理論「コンストラクショニズム(構築主義)」、およびスイスのビジネススクールIMD発の戦略理論「シリアスプレイ」と、レゴブロックを融合させた社会人向けの組織活性化技法である「レゴシリアスプレイ」の開発を担当した人物でもある。

 現在は、自ら設立した、レゴシリアスプレイを世界に広めることを目的とする「レゴシリアスプレイマスタートレーナー協会」の共同代表を務めている。同協会は、レゴ社が世界で唯一公認するコミュニティモデル事業だそうだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧