ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

インターネットの次に来る「不可避」な12の変化とは何か?

~『インターネットの次に来るもの』(ケビン・ケリー著)を読む

情報工場
【第28回】 2016年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

テクノロジーがもたらす「力」とは

 少し前の話だが、2012年にアメリカでこんな「事件」があった。

 ある女子高校生の家に、彼女宛てでベビー服のダイレクトメールが送られてきた。それを受け取った父親が「高校生の娘に妊娠を勧める気か!?」とかんかんに怒ってスーパーに抗議をした。そのスーパーでは、顧客の購入履歴をコンピュータで分析していた。彼女の最近の購入品目を解析した結果、過去の妊婦の購入パターンと一致した。その結果、妊婦向けのダイレクトメールを自動的に発送したということだ。

 不審に思った父親が娘と話をしてみると、彼女が本当に妊娠していたことが発覚。一緒に暮らしている父親よりも、スーパーのコンピュータの方が娘のことをよく「理解」していたというオチだ。

 一方、つい最近、東京大学医科学研究所による驚くべき「成果」が発表された。膨大な医学論文を学習した人工知能(AI)が、白血病患者を「診断」し、医師に適切な治療法を助言して回復に貢献したという成果だ。AIは、通常の治療法では回復できなかった白血病患者が実は特殊なタイプの白血病であることを、わずか10分で見破ったのだ。

 最初のスーパーの話は、どことなく気味がわるい。しかしその次の東大による成果は、AIを活用した医療の発展を予感させる明るい話題といえる。

『インターネットの次に来るもの』
ケビン・ケリー著 服部桂訳
NHK出版
416p 2000円(税別

 この2つはいずれも、好むと好まざるとにかかわらず、過去30年のインターネットを中心としたデジタルテクノロジーの進化がもたらした新たな動向だ。この先には、いったいどんな未来が待っているのだろう。

 本書の著者のケビン・ケリー氏は、1984年から90年までスチュアート・ブラント氏とともに、今では伝説の雑誌と言われるホール・アース・カタログやホール・アース・レビューの発行編集を行い、93年に雑誌WIREDを創刊。99年まで編集長を務めた。現在はニューヨーク・タイムズ、エコノミスト、サイエンス、タイム、WSJなどで執筆するほか、WIRED誌の〈Senior Maverick〉も努め、サイバーカルチャーの論客として活躍している。

 本書の原題は“Inevitable”。日本語に訳すと「不可避」だ。ケリー氏はテクノロジーの背後には、テクノロジー全体を規定する集合的な「力」が存在するという。そして、その「力」によって新しい何かに向かう「不可避」な流れが生じると説く。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧