ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第34回】 2016年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

人は、自分が絶望していると気づかずに、絶望していることがあるんです。【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第25回】

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会って、哲学のことを考え始めます。
そしてゴールデンウィークの最終日、ニーチェは「お前を超人にするため」と言い出し、キルケゴールを紹介してくれます。
そのキルケゴールは、「自由のめまい」という聞きなれない言葉について説明をはじめるのでした。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第25回めです。

選ばなかった可能性が、僕を、僕を殺しにくる!

 「そうです。人は自分で気づいていないかもしれませんが、つねに選択しながら生きているのです。
 そして何かを選択するということは、選択しなかった可能性もしくは、選択肢として思いつかなかった選択の可能性が生まれてきます」

 「それはどういうこと?」

 「例えば、AとBという選択肢の中で迷っている人がいるとしますよね。その人はAという選択肢を選んだとする。
 するとBという選択肢を選んだ先にあった可能性を捨てることになる。
 もしくはAとBで悩んでいたが、実はCという選択肢もあったとする。
 するとその人は、BとCという選択肢の先にある可能性を捨てたことになるんです」

 「いわゆる、“たられば”というやつですか」

 「そうです。何かを選択するということは“選択しなかった先の可能性”を生むことになるのです」

 「そうすると、選択しなかった可能性に後悔することもある、ということだよね」

 「はい。私たちは自由です。自由に生きているということは、何を選択してもいいという状況下にありますし、また“何も選択しないという選択”をとることも出来るのです」

 キルケゴールはテーブルの脇に置いてあるメニューを広げ、こう言った。

 「つまり、僕がこのメニューの中から、かき氷を選ぶとしますよね。すると、冷やしぜんざいや、わらびもちを食べて美味しいと感じる可能性を捨てることになる。
 もちろん全部頼むという選択をとれればいいのですが、人生においては、すべての選択肢をとれないことがほとんどではないでしょうか……。世知辛いのですが、それが現実です。
 グスッ……そう考えると……アアアアア!選ばなかった可能性が、僕を、僕を殺しにくる!」

 キルケゴールは思いつめたような表情を浮かべたと思いきや、突如奇声を発し過呼吸に陥った。

 「キルケゴール、落ち着くのだ!アリサ、キルケゴール君に水を!大丈夫だ、存在しないものに殺されたりなどしない!よし、深呼吸しよう。はい、ヒーヒーフー、ヒーヒーフー」

 「ニーチェ、その呼吸はラマーズ法だよ。出産の時のやつ!キルケゴール君、落ち着いて、はいゆっくり吸って、吐いて~大丈夫だよ」

 「すいません……うう、不甲斐ないです」

 キルケゴールは目に涙を浮かべたまま、ゆっくりと息を整えながらそう答えた。

 「大丈夫だよ。けど、キルケゴール君の話を聞いていると、そうなる気持ちもわかるよ。選択ってちょっと怖いというか、重いものに感じてきた」

 「そうだな、たしかに冷やしぜんざいも、かき氷も美味そうだもんな。そう言われると迷ってくるな、うーむ」

 ニーチェは右手で前髪をくるくるといじりながら、メニュー表を手に取りまじまじと見た。たしかにそう言われると、どれも美味しそうに思えてくる。

 「これこそが“自由のめまい”なんです。可能性という言葉だけを聞くと、ポジティブなイメージを抱きますが、可能性とは、まだ訪れていない未来。
つまりまだ何もない“無”なんです。
 僕たちは、人生の中でいろんな選択をすることによって、無である未来を切り開いていかなくてはならない。未来は与えられるものではなく、自分の選択によりつくられていくもの。
 自由な私たちはどんな選択も出来る、だからこそ自分の選択で未来を放棄することも出来てしまう。自分の選択には不安がともなう。
 そうすると、選択することは少し怖いですよね。そして手が届きそうなものが見えている時ほど、不安は浮かび上がってくるのです」

 キルケゴールは少しずつ落ち着きをとりもどしながら、そう答えた。手が届きそうなものが見えている時ほど、不安は浮かび上がってくる、とはどういうことか、私はその言葉が胸にひっかかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧