ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
計数感覚を磨けば経営力はアップする

成果とは何か――人への投資を忘れていませんか?

千賀秀信
【第12回】 2009年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 上場企業の中間配当(2009年4月~9月期の配当)が前年同期比で1兆円減る予想です。政治の世界では、民主党が2兆5000億円を超える今年度の補正予算の見直しを発表しました。これらに共通するのは、成果配分の見直しという点にあります。

 この場合の成果とは、企業においては利益であり、国家においては税金です。私たちは、企業や個人の活動を通じて成果を生み出し、税金を支払います。この税金の配分を決めることが政治の役割ですが、この配分の考え方まで大きく変わろうとしています。

 今回は、企業の成果とは何かについて考えてみましょう。

利益時代の終焉

 企業の成果は利益と考えることが良いのでしょうか。利益とは、企業が一定期間(四半期、半期、1年)で生み出した儲けです。世界中を大不況に陥れたリーマンショックは、利益を追求しすぎた結果であるといわれています。

 利益は法的には株主に帰属します。利益を追求したということは、株主が成果配分の中心にあったことを意味します。株主至上主義とでもいったらいいのでしょうか。90年代後半からこの傾向は広がり、2000年以降に更なる拡大を続け、2008年9月に頂点に達して、破綻したのです。

 利益を成果とする場合の問題の一つは、費用を削減して、利益をひねり出すという考え方に陥る可能性があるという点です。費用の削減が、3K費(交通費、交際費、広告費)にとどまっているうちは、大きな問題にはなりませんが、人件費に及んだときに、社会問題化しました。前回の第11回では、「削減が容易でないコスト、削減してはいけないコスト」を考えていますのでぜひご覧ください。

 このような経験を経てくれば、さすがにこれまでの考え方を続けることに疑問を感じませんか。利益を成果とする経営の仕組みを変える必要があるかも知れません。

 国際会計基準では、当期純利益ではなく、包括利益という概念を導入し、利益の考え方をも変えようとしています。当期純利益を基準に株主配分を考える時代は、変化するかもしれません。持ち合い株式などの評価損益や年金の積立不足額などを損益に一挙を算入することも視野に入れて、日本的経営を揺さぶっています。

 では、どのような指標を成果とすべきでしょうか。

キャッシュフロー経営の問題点

 「利益が問題なら、キャッシュフローでは?」と考えた人は多いのではないでしょうか。2000年3月期より導入されたキャッシュフロー計算書により、キャッシュフロー経営というキーワードがよく使われるようになりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
千賀秀信著「会社数字のコツがハッキリわかる本」絶賛発売中!

会計入門者が理解しにくい基礎的部分を中心に、経営的な視点からQ&A方式で解説。会社数字に強くなるために必要な勉強するべき体系を網羅した決定版。1575円(税込)

話題の記事

千賀秀信

せんが・ひでのぶ 公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。18年間勤務後、1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」という点で、多くの企業担当者や受講生からよい評価を受けている。研修、コンサルティング、執筆などで活躍中。大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール講師。著書に『新版・経営分析の基本がハッキリわかる本』(ダイヤモンド社)、『経営センスが高まる! 計数感覚がハッキリわかる本』(ダイヤモンド社)、『「ベンチャー起業」実戦教本』(プレジデント社:共著)、『会社数字がわかる計数感覚ドリル』(朝日新書)などがある。
●マネジメント能力開発研究所のホームページ
http://homepage3.nifty.com/maneji/


計数感覚を磨けば経営力はアップする

「計数感覚」とは、「会社数字と企業活動の関係を理解できる力」。ビジネスパーソンなら、ぜひ身に付けておきたいマネジメント能力だ。さまざまな事例をあげながら、計数感覚で経営を考えるノウハウを提供していく。

「計数感覚を磨けば経営力はアップする」

⇒バックナンバー一覧