ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

NEC 遠藤信博社長インタビュー
「“海外比率5割”は達成可能。
野心的な目標こそ意味がある」

週刊ダイヤモンド編集部
2011年1月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
NEC社長 遠藤信博
Photo by Kazutoshi Sumitomo

NECが5期連続減収となる低空飛行を脱し、後れを取ったグローバル展開の巻き返しに動き出した。内向きの体質を打破し、縦割り組織の弊害を排除し、M&Aを成功させるために、2010年4月に就任した遠藤信博社長はいかなる旗を振るのか。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 浅島亮子)

 海外展開が遅れた最大の理由は、ヒト、モノ、カネの経営資源が国内市場中心に投じられていたからだ。また、NECの事業の特殊性もあるだろう。主力商品のパソコンや携帯端末のようなハードウエアを海外へ持ち出すだけでは、顧客が望むシステム・ソリューションの提案はできるはずもない。

 海外展開には二つの要素が必要だ。効率的に進めるには「プラットフォームの共通化」を図らなければならないし、一方で現地仕様のシステム・ソリューションを提供するには「カスタマイゼーションの最適化」作業が必要だ。まったく異なる“二つの労力”が必要な海外市場に対して、これまでは社内資源を振り分けられなかった。

 だが、これ以上グローバル化に後れを取ると、NECは存続できなくなる。日本企業が海外展開を加速させていて、ついていけなければ顧客を失い、国内の仕事もなくなる。加えて、国内市場の税制や規制がグローバル基準に収斂されるからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧