ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

スティーブ・ジョブズのアイディアを支えた「禅」の力とは

~『ビジネスZEN入門』(松山大耕)を読む

情報工場
【第30回】 2016年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

外国人はなぜ“ZEN”が好きなのか

 日本政府観光局によると、2015年の訪日観光客の数は1973万人にのぼった。過去最高だった14年から600万人以上増え、記録を更新したことになる。この傾向は続いており、16年には2000万人を超えるとが言われている。円安の影響もあるのだろうが、それだけではないはずだ。われわれが思う以上に、海外での日本文化に対する高評価の表れでもあるのだろう。

 聞くところによれば、最近では「宿坊(しゅくぼう)」に泊まりたがる外国人旅行客が増えているそうだ。宿坊とは、仏教寺院などにおける僧侶や参拝者のために作られた宿泊施設。宿泊だけでなく、座禅や写経の体験もできる。インバウンド観光客の需要を受け、企業主導で宿坊を建設する動きもあるというから驚きだ。

 一方、アメリカでは近年、仏教徒が徐々に増加しているという。すでに人口の約1%にあたる350万人にも達したそうだ。信者の数でいえばキリスト教、ユダヤ教に次ぐ3番目となる。また、仏教徒とまではいかないものの、家で毎晩仏教書を読むような「ナイト・ブディスト」が、さらに数百万人はいると推測されている。

『ビジネスZEN入門』
松山大耕著 講談社+α新書
208p 840円(税別)

 アメリカといえばスティーブ・ジョブズ氏が禅に強い影響を受けていたことはよく知られている。彼は、禅に通じる「シンプルで美しく、見えないところまで美しく」という考え方を徹底させて大ヒット商品を生み出していった。

 このように仏教や禅がフォーカスされ、自ら体験したい人が急増しているのは、なぜなのだろうか。

 本書の著者の松山大耕氏は東京大学大学院農学生命科学研究科修了後、埼玉県新座市にある臨済宗妙心寺派の平林寺で3年半の修行生活を営み、その後妙心寺退蔵院副住職となる。2009年には観光庁「Visit Japan大使」、2011年からは京都市「京都観光おもてなし大使」を務めた人物だ。

 また、2011年に日本の禅宗を代表してヴァチカンで前ローマ教皇に謁見。2014年には日本の若手宗教家を代表してダライ・ラマ14世と会談するなど世界のさまざまな宗教家・リーダーと交流をもっている。こうしたグローバルな活動により、2016年には「日経ビジネス」誌の「時代を創る100人」に選出されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧