ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

定年と年金支給の年齢が上がるとどうなるか?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第165回】 2011年1月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

与謝野総理大臣?

 先般の内閣改造で経済財政担当相に就いた与謝野馨氏は、「人生90年を前提に定年延長も考えなければならない。それにより年金支給年齢の引き上げも考えられる」(『日本経済新聞』1月22日朝刊)と言い放った。

 与謝野氏はこれ以外にも、公的年金に関して「(現行の)社会保険料方式が現実的」だと、民主党が総選挙の際のマニフェストに掲げた年金改革案(税金を財源とする最低保障年金を創設することを骨子とする)を真っ向から否定するような発言も行っている。

 何れも、これが内閣の方針になるのなら、与謝野氏が実質的にこの内閣の総理大臣なのではないかと思わせるほどの大きな政策課題だ。

 批判もある中で大臣に就任した与謝野氏が、力を込めて持論を主張したい気持ちは分からなくもないが、果たして、民主党政権としては、これでいいと考えているのだろうか。

 原則として、政治家が持論を述べるのは自由だ。議論はオープンであるべきだ。まして、今の与謝野氏のように政府の要職にあって注目されている人は、政策について自らの立場を大いに語るべきだ。

 だとすると、見識を問われるべきは、与謝野氏を閣僚に任命した菅首相だということになるだろう。

 筆者は、今回の与謝野氏の閣僚への任命はさすがにおかしいのではないか、と考えている。この人事は、総選挙で民主党を支持した人も、自民党を支持した人も賛成できないのではないか。こんな調子では政権が長く保たないのではないかと思うが、今回考えてみたいのは政局の問題ではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧