ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最高の子育てベスト55
【第1回】 2016年11月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
トレーシー・カチロー,鹿田昌美

今の子育ての常識で「コレはすべき」と断言できる8つのこと

1
nextpage

「子どものIQはどうすれば伸びる?」「なぜ、ごっこ遊びがそんなに大事?」「外国語や科学、数学への興味を育むには?」……脳科学から心理学、教育学まで最新リサーチを網羅し、いまの科学の常識で「これは絶対にいい!」と断言できる子育て法を厳選、網羅した『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55』が話題だ。「最もクールで、最もわかりやすい」「これからの子育ての新基準」と絶賛された話題のベストセラーから、驚きのノウハウを紹介する。

子どもを持つ人の悩みはいくつかに「分類」できる

 子育てをする親には、知りたいことや疑問が「たくさん」あります。

 少なくとも、私はそうです。30代半ばで妊娠する前に、夫婦で何ヵ月もかけて「子どもを持つべきか、持たないべきか」を話し合いました。それまでほとんど赤ちゃんに触れた経験がなかったのに、妊娠したら、さっそく出産と子育ての準備です。

 マタニティクラスに出席し、オムツやベビー服や育児グッズをリサーチ(自転車が夫婦の趣味なので、早々にバランスバイクも購入)。

 でも、実践的な子育て情報には、なかなかめぐり合えませんでした。

 私の唯一のアドバンテージは、子どもの脳の発達に関する本『ブレイン・ルールズ・フォー・ベビー』を編集した経験があること。

 でも、その本がいま泣いている赤ちゃんをどうにかしてくれるわけではありません。残念ながら、日々の疑問の即戦力になってくれる子育て本は、なかなか見つかりませんでした。

子どもを持つ人の悩みは、ほとんどの場合、似たり寄ったりです。

 どうやって寝かしつけるのか?
 あやし方は?
 食事の与え方は?
 夜泣き対策は?
 子連れの外出は?
 親はどうやって休めばいい?
 知育は何をしたらいい?
 それまでの友人とどう付き合うか?
 スマホやPCを子どもに見せてもよいのか?

 夫と私も、わが子に驚き、喜び、心配し、イライラする毎日です。困ったときは、解決策を探ります。

 たとえば……友人にたずねる。母に相談する。夫があきれるぐらい、ネット検索。

 そして結局、「私には効果がなかった」というコメントや、正反対の記事、無関係なコメントに埋もれて混乱するはめになります。

 そんなときは、本棚にある脳の発育と育児の本を片っ端からめくります。『ブレイン・ルールズ・フォー・ベビー』の編集と本書の執筆のあいだに集めた参考資料です。分厚い専門書の難解な専門用語をにらむように目で追いながら、私は思うのです。

科学的なデータに基づく実践的な子育てアドバイスをまとめた、読みやすくてどのページをめくっても役に立つ本があればどんなにいいだろう、と。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • 第1回 今の子育ての常識で「コレはすべき」と断言できる8つのこと (2016.11.30)
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


トレーシー・カチロー(Tracy Cutchlow)

ジャーナリスト、編集者。世界的ベストセラー『ブレイン・ルール』『ブレイン・ルールズ・フォー・ベイビー』などを編集。シアトルタイムス誌、MSNマネー誌でジャーナリストとして活躍。また、子育て中の親や教師向けに講演を行っている。ワシントンポスト誌、ハフィントンポスト誌などの子育て記事は高い評価を得ており、本書は「新米パパママにとって、最もクールで最もわかりやすい1冊」(ペアレンツマガジン)、「これからの子育ての新基準」(ママトレンド)と話題に。米シアトルで夫と娘と暮らしている。


最高の子育てベスト55

「子どものIQはどうすれば伸びる?」「なぜ、ごっこ遊びがそんなに大事?」「外国語や科学、数学への興味を育むには?」……脳科学から心理学、教育学まで最新リサーチを網羅! いまの科学で「これは絶対にいい!」と断言できる、子どもの頭をよくし、潜在能力を引き出せる具体的なノウハウを1冊に凝縮。「最もクールで、最もわかりやすい!」「これからの子育ての新基準!」と絶賛された話題の全米ベストセラー、ついに日本上陸!

「最高の子育てベスト55」

⇒バックナンバー一覧