HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

偽薬効果は学習効果?
慢性的な腰痛が軽減

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第319回】

 プラセボ(偽薬)効果という言葉がある。有効成分が全くない偽薬を投与したのに、症状が改善する現象のことだ。

 偽薬を「本物」と思い込むことで心身が反応すると考えられているが、そう簡単でもないらしい。

 先日、ポルトガルの研究グループから「にせ薬と理解したうえで偽薬を飲んでも、腰痛が軽くなる」という結果が報告された。

 試験対象は、少なくとも3カ月以上は慢性の腰痛に悩む成人男女83人(平均年齢44歳、女性が7割)。痛みで起き上がれない日が週に1日以上あり(4割が該当)、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などの処方薬と、サプリメントで痛みをだましながら日々過ごす人たちだ。

 対象者は、いつもの治療に追加して偽薬を飲む群と、通常の治療を続ける群に無作為に割り付けられた。その際「偽薬効果について聞いたことがあるか」という質問と、約15分間の偽薬効果に関する具体的な説明を受けている。

 説明のポイントは、(1)偽薬効果はパワフルである、(2)心身は偽薬に対してパブロフの犬のように自動的に反応する、(3)楽観的な姿勢は偽薬効果を高めるが、特に必要ではない、(4)むしろ偽薬を21日間、真面目に飲むことがとても重要だ、というもの。

 説明後、偽薬群に渡された薬のボトルには「偽薬・1日2回、2錠を服用」と明記したラベルが貼られていた。まるで冗談だが、結果は笑うどころではなかった。

 試験開始3週間後の痛み評価は、偽薬群で「最大の痛み」と「通常の痛み」がどちらも30%低下。通常治療群は16%と9%の低下にとどまった。しかも、通常治療群の希望者にさらに3週間、偽薬を与えたところ、全ての痛みが有意に軽減したのである。また、試験終了後も17人の対象者が偽薬治療の継続を希望した。

 ここから推測できるのは、15分足らずの説明がある種の「薬効」をもたらしたこと。どうやら「飲んで効く」と学習することが、治療効果を高める秘訣らしい。

 逆にいえば、ろくに効果も知らず真薬を飲んでも最大限の恩恵は期待できないわけ。まったく人間というヤツは一筋縄ではいかない。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧