ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ぼくらの仮説が世界をつくる
【第22回】 2016年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐渡島庸平 [株式会社コルク代表取締役]

佐渡島庸平氏が考える「伸びる新人の条件」とは?

『プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK)の企画「この夏、一流のプロの弟子になってみる!」で10代の若者が弟子入りしたのが、株式会社コルクの佐渡島庸平氏だ。

 編集者として、『宇宙兄弟』(小山宙哉)や『インベスターZ』(三田紀房)などの大人気コミックを世に送り出した彼は、新人に何を伝えているのか――。『ぼくらの仮説が世界をつくる』(ダイヤモンド社)から、佐渡島氏が考える“新人の育て方”についてご紹介しよう。

(記事編集:佐藤智、写真:塩谷淳)

努力こそが伸びる基盤になる

――佐渡島氏が考える「伸びる人材」とは、どんな素養がある人なのか?

 モーニング編集部にいるときに、たくさんの新人マンガ家と出会いました。

佐渡島庸平(さどしま・ようへい) 1979年生まれ。中学時代を南アフリカ共和国で過ごし、灘高校に進学。2002年に東京大学文学部を卒業後、講談社に入社し、モーニング編集部で井上雄彦「バガボンド」、安野モヨコ「さくらん」のサブ担当を務める。03年に立ち上げた三田紀房「ドラゴン桜」は600万部のセールスを記録。小山宙哉『宇宙兄弟』も累計1600万部超のメガヒットに育て上げ、TVアニメ、映画実写化を実現する。伊坂幸太郎「モダンタイムス」、平野啓一郎「空白を満たしなさい」など小説連載も担当。12年10月、講談社を退社し、作家エージェント会社、コルクを創業

 「磨けば光りそうだな」と感じると「新しい作品を、下書きでいいのですぐにでも持ってきてください」と伝えていました。しかし、本当に下書きを持ってきたのは、数人しかいなかったのです。そのうちの一人が、小山宙哉さんです。

 週刊連載をやっているプロのマンガ家は、当然ながら毎週新しい作品を生み出します。ときには大幅な直しをしたりして、1週間の物語を作るために40ページ、50ページ分のストーリーを作ることもあります。さらに、できた物語にペン入れをする。ストーリーを作る技術も、絵を描く技術も、どんどん向上していきます。ベテランでもそれだけの努力をしているのです。

 ただ、「努力すること」は本当に難しいことです。1日、2日のことであれば、根性で乗り切れますが、長期間は無理でしょう。人間というのはとにかくサボる動物だからです。だから、サボらないように工夫をすること、努力を続けるための仕組みを作ることが、大切になってきます。

努力を続けられる「仕組み」をつくれ

――実際に「努力しよう」と思いつつも、挫折した人は多いだろう。努力を継続するにはどうすればいいのだろうか?

 ぼくも、以前はしょっちゅう、「明日こそは頑張る!」を繰り返していました。それがなくなったのは、『ドラゴン桜』の取材を通じて得られた知識のおかげです。

 作中でも紹介しているのですが、「二重目標」という考え方があります。二重目標とは、何かを成し遂げるにあたって「毎日絶対にできる目標」と「理想的な目標」の二つを作るという方法です。

 たとえば、英単語を覚えたいのであれば「一日一回、必ず英単語帳を手に取る」という目標と「毎日10個新しい単語を覚える」という目標を立てます。目標を2つ立てるのです。後者の「10個単語を覚える」という目標を、毎日達成するのは難しいでしょう。何日かやらない日が続いてしまうと、目標自体をなかったことにしたくなります。それに対して「毎日単語帳を手に取る」という目標であれば、努力がほとんどいりません。これであればどんな人であっても継続することができるでしょう。

 この考え方は仕事をするときにも、もちろん使えます。

 ぼくは「一日一回は必ず自分が担当している作品を考える」という目標「作品を多くの人に広げたり、作品をおもしろくしたりするアイデアを考える」という二つの目標を立てています。「『宇宙兄弟』、今から何ができるかな?」「『オチビサン』の魅力は、どうすれば伝わるかな?」「『テンプリズム』のワクワクって、どうやれば伝わるのかな?」と作品のことを考えるわけです。

自分を信じ続けるパワーを持つ

 最後は「自分を信じる力」も重要です。自分の意志というものを過信してはいけませんが、自分を信じる姿勢は維持し続ける必要があるのです。

 世の中の人は「新しいもの」に、あまり反応しません。世の中の人が反応するのは、既存のものから少しスライドした「ちょっと新しいもの」だからです。よって、「新しいもの」を描く作家の作品がすぐに世の中に受け入れられることは、めったにないのです。

 ぼくの感覚では、3年続ければ、徐々に世の中から受け入れられてきます。「あれ?今までと世の中の反応が違うぞ」という反応が出てきて、もう少し頑張れる。そして、大爆発するのは、5年目くらいです。『ドラゴン桜』も『宇宙兄弟』も、どちらも3年ほど経った頃から、やっとヒットの兆しが出てきました。

多くの人は、だいたい1年ほど結果が出ないと、そこで諦めてしまいます。2年頑張れる人もかなり少ない。3年、自分を信じて、努力し続けることができる人はほとんどいません。

 編集者の仕事の重要なところは、誰も信じていない才能を、本人と一緒に信じることです。世間は結果や数字だけを見て、人を信じるかどうかを決めます。編集者は、自分の経験をもとにその才能を信じます。

 「やっぱり自分には才能がない」と自分で勝手に決めつけてしまって、消えてしまった人がたくさんいます。本当はすごい才能があるのに、諦めてしまうのは本当にもったいないことです。

自分を信じ切れる作家、作家を信じ続けられる編集者の双方がコンビであることで、ヒット作は生まれるのです。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  マンガ
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐渡島庸平 [株式会社コルク代表取締役]

1979年生まれ。中学時代を南アフリカ共和国で過ごし、灘高校に進学。2002年に東京大学文学部を卒業後、講談社に入社し、モーニング編集部で井上雄彦「バガボンド」、安野モヨコ「さくらん」のサブ担当を務める。03年に立ち上げた三田紀房「ドラゴン桜」は600万部のセールスを記録。小山宙哉『宇宙兄弟』も累計1600万部超のメガヒットに育て上げ、TVアニメ、映画実写化を実現する。伊坂幸太郎「モダンタイムス」、平野啓一郎「空白を満たしなさい」など小説連載も担当。12年10月、講談社を退社し、作家エージェント会社、コルクを創業。


ぼくらの仮説が世界をつくる

1600万部超 『宇宙兄弟』、600万部超 『ドラゴン桜』を大ヒットに育て上げた編集者であり、作家エージェント会社「コルク」を起業した、 いま注目度ナンバーワンの編集者・経営者が仕事論を初めて語る!

「ぼくらの仮説が世界をつくる」

⇒バックナンバー一覧