ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up

ファストファッションが失速!
大手復調でアパレル市場に転換点

週刊ダイヤモンド編集部
【第132回】 2011年1月31日
1
nextpage

ユニクロのひとり勝ち状態が続いていた日本のアパレル市場に、変化の兆しが見えてきた。昨年8月以降、ユニクロの国内既存店売上高は5ヵ月連続で前年割れする一方、オンワード樫山など百貨店を主要な販売チャネルとするアパレルメーカーが息を吹き返しつつある。市場の勢力図は変わるのか。

価格一辺倒だった消費マインドの変化は、ユニクロ(写真上)には向かい風となったが「23区」(オンワード樫山・写真中)や「TAKEO KIKUCHI」(ワールド・写真下)など大手アパレルブランドには追い風となっている
Photo by Toshiaki Usami

 初売り初日の1月2日、銀座三越は買い物客でごった返していた。初売りがにぎわうのはいつものことだが、今年は昨年とは様相が違っていた。1万円以下のお手頃価格の福袋ではなく、3万円、5万円という高額の福袋が飛ぶように売れていく。婦人服の人気ブランドのショップでは、数万円の福袋が午前中で完売となった。

 「百貨店に顧客が戻ってきた」(保元道宣・オンワードホールディングス執行役員)──。

 販売チャネルの約7割を百貨店が占めるオンワードホールディングス傘下のオンワード樫山では、2010年に入って百貨店向けの基幹ブランドが軒並み好調に推移しており、3~11月の売上高は、「23区」が前年同期比6%増、「自由区」同3%増、「ICB」同6%増といずれも前年を上回った。10月以降はオンワード樫山全体で前年比プラスに浮上している(下グラフ参照)。
 

 アパレル大手のワールドも足元の販売はほぼ前年並みで推移している。百貨店向けの主力ブランドである「UNTITLED」や「TAKEO KIKUCHI」は、10~12月の累計売上高が前年比プラスとなった。

 販売チャネルの約9割を百貨店が占める三陽商会でも、10年は人気ブランド「マッキントッシュ フィロソフィー」が前年比30%増と好調で、7~12月累計の店頭販売は前年を下回ったものの、1月はほぼ前年並みに推移している。

nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2014年11月1日号 定価710円(税込)

世界が認めたニッポンの酒
「マッサン」から「獺祭」まで ニッポンの酒最前線

【特集2】
キティ40周年 サンリオ“感性経営”試練の時

  • 最新号を購入する
  • お得な定期購読
slecial-information
関連記事

DOLSpecial

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧