ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up
【第132回】 2011年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

ファストファッションが失速!
大手復調でアパレル市場に転換点

1
nextpage

ユニクロのひとり勝ち状態が続いていた日本のアパレル市場に、変化の兆しが見えてきた。昨年8月以降、ユニクロの国内既存店売上高は5ヵ月連続で前年割れする一方、オンワード樫山など百貨店を主要な販売チャネルとするアパレルメーカーが息を吹き返しつつある。市場の勢力図は変わるのか。

価格一辺倒だった消費マインドの変化は、ユニクロ(写真上)には向かい風となったが「23区」(オンワード樫山・写真中)や「TAKEO KIKUCHI」(ワールド・写真下)など大手アパレルブランドには追い風となっている
Photo by Toshiaki Usami

 初売り初日の1月2日、銀座三越は買い物客でごった返していた。初売りがにぎわうのはいつものことだが、今年は昨年とは様相が違っていた。1万円以下のお手頃価格の福袋ではなく、3万円、5万円という高額の福袋が飛ぶように売れていく。婦人服の人気ブランドのショップでは、数万円の福袋が午前中で完売となった。

 「百貨店に顧客が戻ってきた」(保元道宣・オンワードホールディングス執行役員)──。

 販売チャネルの約7割を百貨店が占めるオンワードホールディングス傘下のオンワード樫山では、2010年に入って百貨店向けの基幹ブランドが軒並み好調に推移しており、3~11月の売上高は、「23区」が前年同期比6%増、「自由区」同3%増、「ICB」同6%増といずれも前年を上回った。10月以降はオンワード樫山全体で前年比プラスに浮上している(下グラフ参照)。
 

 アパレル大手のワールドも足元の販売はほぼ前年並みで推移している。百貨店向けの主力ブランドである「UNTITLED」や「TAKEO KIKUCHI」は、10~12月の累計売上高が前年比プラスとなった。

 販売チャネルの約9割を百貨店が占める三陽商会でも、10年は人気ブランド「マッキントッシュ フィロソフィー」が前年比30%増と好調で、7~12月累計の店頭販売は前年を下回ったものの、1月はほぼ前年並みに推移している。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年7月26日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

相場をうごかす
アベ経済マフィア
全人脈・全内幕

      
  • Part 1 経済政策を牛耳る政・財・官・学の全貌
  • 激変する政策の決定プロセス 首相を支える40人のキーマン
  • "官邸相場"操る官房長官が主宰 株価対策で集う秘密会議の内情
  • Column "経済マフィア"を通じた知られざる三大改革ルート
  • 激突! 財務省vs経済産業省 政権影響度はどっちに軍配?
  • Column 政治家に人気の四大ホテル、若手は赤坂の個室居酒屋…
  •   
  • Part 2 市場関係者も必読! 知られざる重大政策の裏側
  • 年金 幹部の抵抗、買い増し失言… GPIF改革で燻る不協和音
  • Interview 米澤康博●GPIF運用委員長、早稲田大学大学院教授
  • 農業 農水族の仲間割れで進む JA全中の支配体制の崩壊
  • 覆面座談会 現役秘書軍団が大放談 政治力高い意外な企業
  • カジノ 解禁に向けカウントダウンも障害は身内の実力派の女刺客
  • 減税 栄華誇った党税調の軽量化で減税率・下げ幅は官邸主導
  • 医療 最凶の岩盤は打破できるか 鍵は厚労族の新たなるドン
  • ゼネコン 急増する公共事業を武器に最強の族議員が狙う復権
  • 竹中平蔵が推す次の巨大金脈 住商、東急…業界大手が食指
  • 水素に地熱、新族議員が続々 近未来の有望業界はどこ?
  • 長老、失言…政治記者が明かす 目から鱗の四大相場反転リスク
  •   
  • Part 3 迫り来る内閣改造の中身と解散総選挙のタイミング
  • 永田町ライブ! 200回突破拡大版 後藤謙次●政治コラムニスト
  • 「解散方程式」の解は来年9月 内閣改造では過半数を入れ替え
  
underline

週刊ダイヤモンド1冊購読

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧