ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up
【第132回】 2011年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

ファストファッションが失速!
大手復調でアパレル市場に転換点

1
nextpage

ユニクロのひとり勝ち状態が続いていた日本のアパレル市場に、変化の兆しが見えてきた。昨年8月以降、ユニクロの国内既存店売上高は5ヵ月連続で前年割れする一方、オンワード樫山など百貨店を主要な販売チャネルとするアパレルメーカーが息を吹き返しつつある。市場の勢力図は変わるのか。

価格一辺倒だった消費マインドの変化は、ユニクロ(写真上)には向かい風となったが「23区」(オンワード樫山・写真中)や「TAKEO KIKUCHI」(ワールド・写真下)など大手アパレルブランドには追い風となっている
Photo by Toshiaki Usami

 初売り初日の1月2日、銀座三越は買い物客でごった返していた。初売りがにぎわうのはいつものことだが、今年は昨年とは様相が違っていた。1万円以下のお手頃価格の福袋ではなく、3万円、5万円という高額の福袋が飛ぶように売れていく。婦人服の人気ブランドのショップでは、数万円の福袋が午前中で完売となった。

 「百貨店に顧客が戻ってきた」(保元道宣・オンワードホールディングス執行役員)──。

 販売チャネルの約7割を百貨店が占めるオンワードホールディングス傘下のオンワード樫山では、2010年に入って百貨店向けの基幹ブランドが軒並み好調に推移しており、3~11月の売上高は、「23区」が前年同期比6%増、「自由区」同3%増、「ICB」同6%増といずれも前年を上回った。10月以降はオンワード樫山全体で前年比プラスに浮上している(下グラフ参照)。
 

 アパレル大手のワールドも足元の販売はほぼ前年並みで推移している。百貨店向けの主力ブランドである「UNTITLED」や「TAKEO KIKUCHI」は、10~12月の累計売上高が前年比プラスとなった。

 販売チャネルの約9割を百貨店が占める三陽商会でも、10年は人気ブランド「マッキントッシュ フィロソフィー」が前年比30%増と好調で、7~12月累計の店頭販売は前年を下回ったものの、1月はほぼ前年並みに推移している。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年4月26日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

ソニー消滅!!

      
  • Prologue 消えるのはソニーか? 延命経営か?
  •   
  • Part 1 ビジョンなき“延命経営”の果て
  • 1兆円を生む“錬金術”の頓挫 ソニー生命吸収計画の全内幕
  • Interview 井原勝美●ソニーフィナンシャルホールディングス社長
  • Column ソネットに巨額の“埋蔵金” 1600億円捻出の真相
  • エレキの赤字穴埋めに消えるソニー創業の地と保有資産
  • 米国直営20店舗も一斉閉店 VAIO撤退で広がる悲劇
  • Column 人材流出で電池事業が弱体化 売却めぐり方針も二転三転 
  • Part 2 “平井ソニー”が問われる戦略と経営責任
  • 後追いする“モルモット” 明暗分かれたソニーとパナ
  • 居座り派vs改革派 経営中枢全人脈
  • Interview 平井一夫●ソニー取締役、代表執行役社長兼CEO
  • Part 3 ソニーの命運を握った男たちの素顔
  • 未来志向に生まれ変わるか 「異色コンビ」が挑む本社改革
  • Column 銀行の免許ください! 異端児たちの創業物語
  • Column スマホ事業はギャンブル!? 収益多様化が安定の鍵
  • 現場レポート “ソニーの遺伝子”が生み出すイノベーション
  • Column 世界最高の「電子の目」でアップル向けも倍増
  • Interview 鈴木智行●ソニー執行役EVP(コーポレートR&D・デバイス事業担当)
    • Epilogue “ヤメソニー”が語り継ぐものづくりの魂
  •   
  

underline

週刊ダイヤモンド1冊購読

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧