ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国ばかりか欧州でも大型商談をまとめた中国
一方かくも疎遠になった日中関係の原因を探る

陳言 [在北京ジャーナリスト]
2011年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2011年、新年早々中国の指導者は、相次いで外国を訪問した。

1月18日から21日まで、胡錦涛国家主席はアメリカを正式に訪問した。その前の1月4日から12日まで、国務院・李克強副首相はスペイン、ドイツ、イギリスを訪問した。

胡錦涛主席が訪米して、450億ドルにのぼる大型の商談をまとめたことについては、日本でも大きく報道されたが、李副首相が訪欧して、スペインでは70億ドル、ドイツでは62.5億ドル、さらにイギリスでは47億ドルの商談をまとめ、合わせて約180億ドルの商談を成立させたことについては、あまり報道されていない。

さらに2010年11月、胡錦涛主席がフランス訪問の際には、200億ドルの商談をまとめていた。中国はヨーロッパ諸国やその他の国の国債も緊急に購入しおり、欧米とはそれぞれ400億ドル以上の商談を、この数ヵ月でまとめ上げたのである。これに対して、日本との間ではそういう話が聞こえてこないのはなぜだろうか。(北京在住ジャーナリスト 陳言)

開放路線を最も支援してきた日本が
成果を刈り入れできない不条理

 振り返ってみると、昨年9月の漁船衝突事件によって、日中関係は戦後もっとも厳しい時期に入ってしまった。約8割の日本人は中国のことをあまり快く思っていない。一方、中国では情報制限などもあって、漁船衝突、日本国民の反応などの報道はあまり行われていないものの、日本のことを気持ちよく思っている人は5割にも達しない。

 中国が改革開放を実施した結果、ちょうどGDP規模が世界先頭集団に入ってきた時期に、日中関係がきしんだ。「30年前から改革開放政策を実施する中国に、最も資金、技術で支援してくれた国は日本で、今はその収穫の時期に来たが、欧米、韓国が成果を刈り入れている。なんと不条理なことだろう」と、ある中国の日本専門家は嘆く。

 台湾への武器売却、チベット独立を支援するような行動、イデオロギーでの鋭い対立などから見て、欧米と中国との間は、中国の言う「核心的な利益」と直接にぶつかっているにもかかわらず、政経分離の原則は貫いている。しかし、日本と中国との間では、そのような分離原則が機能しているとは言いにくい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

陳言 [在北京ジャーナリスト]

1982年南京大学卒。『経済日報』に勤務してから、1989年に東京大学新聞研究所、慶応大学経済学研究科に留学、博士課程終了、萩国際大学教授。2003年に帰国。月刊『経済』主筆。2010年から日本企業(中国)研究院を設立、執行院長。ダイヤモンドオンライン、『週刊東洋経済』『アエラ』『中国経済週刊』『中国経営報』などのメディアに数多くの記事を掲載。2015年日本語日刊紙『速読中国』を創刊して編集長を兼任。


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧