ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

利回り比較にだまされるな!

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第163回】 2011年2月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これはまずいな、と思った新聞記事をご紹介する。「日本経済新聞」を購読されている読者は、1月14日の朝刊1面に掲載された「個人マネー 利回り重視」と題する記事を見てほしい。「個人向け金融商品の利回りを比べると(年率)」というタイトルの比較表が付いているのだが、これがいかにも誤解を招きそうな代物だ。

 表のトップには投資信託7.4%とあり、これは昨年末時点の公募投信の平均分配金利回りだという。以下、社債は0.25~3.02%で昨年発行分、株が1.82%で昨年末の東証1部平均の配当利回り、国債が0.11~0.25%とあり昨年10月発行の3年債と10年債の初回利率、定期預金が0.03~0.04%とあってメガバンクの1年物だ。これを、利回り比較の表として掲載するのはいかにもまずいのではないか。

 利回りを比較する際には、利息・配当・分配金などのインカムゲインと投資元本の値上がり益(値下がり損)であるキャピタルゲイン(ロス)を合わせて考えることと、リスクの異なるものの利回りを単純比較しないことという二つの大原則がある。この比較表は、二つの原則をいずれも考慮していない。

 投信の利回りが7.4%と突出して高いが、これは元本の値下がり損を考慮していない「直利(ちょくり)」だろう。記事本文には、昨年投信への資金流入が大きかったことが述べられているが、直利をもって「利回り」と称し、投信が有利な投資対象であるかのような記事を書くのは不正確だ。おそらく、金融機関のセールスマンはこの記事をコピーして客先を回り「皆さん利回りを重視されています」「高利回りの投信がトレンドです」などと言ってセールスに利用しているのではないか。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧