ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社長!事件です イザという時に思考停止しないための「危機管理」鉄則集

有能な日本人役員が米国で犯罪者に!
善意が招いた巨額賠償請求
ひと事でない“米国雇用慣行”事情とは?

小川真人 [ACEコンサルティング株式会社 代表],白井邦芳 [ACEコンサルティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー]
【第19回】 2011年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

派遣された取締役の悲劇
なんで私がこんなことに!?

 日本企業Xが米国の会社を買収し、人事担当役員Sを当該米国会社の取締役として派遣した。派遣された取締役の担当業務は工場の生産管理であり、役員室を含め勤務先は工場内にあった。この日本人役員は毎日工場を視察するのが日課となっていたが、ふとある若い女性のことが気がかりになる。

 その女性は工場で働いている一従業員で、比較的重労働を担当していた。日々視察を繰り返しているうちに、その女性のお腹のあたりが徐々にではあるが、膨らんできたのが目にとまった。

 心の優しい役員は当該従業員が妊娠している可能性を懸念し、現在の業務がお腹の子どもに適さないことを理解した上で、何らかの対処をしなければならないと判断した。そこで当該従業員を役員室に呼び、緊急措置として業務の軽い他の職場への異動を告げようとした。この際、以下のような状況が発生した。

・就業時間中に当該従業員に呼び出しをかけたため、多くの従業員が役員に呼び出されたことを知っている。

・呼び出しの理由は役員秘書も聞いていない。

・役員室まで当該従業員が来たが、中に入りたがらず、役員が中から手招きし、従業員がやっと入室した後、役員がドアを閉めようとした際、従業員が嫌がるのを役員秘書が目撃していた。

・役員としては、妊娠の件もあり、他人に聞かれては従業員がかわいそうとの配慮からドアを閉めたつもりだが、当該従業員の体は強ばり、役員が応接セットのソファに座るよう促しても座ろうとしない。

・やむを得ず、役員が従業員の肩にさわりながら、ソファに誘導した。

・役員も座り、おもむろに当該従業員に対して、妊娠していること、今の業務は重労働で健康を害する可能性のあること、結婚の有無や子どもの父のことなどを問いただした。

・その上で、当該従業員にその気があれば、もっと楽な業務に異動が可能であることを告げた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小川真人(おがわまひと) [ACEコンサルティング株式会社 代表]

公認会計士、公認不正検査士、日本法科学技術学会正会員。慶応義塾大学商学部卒業後、1986年、ピートマーウィックミッチェル会計士事務所(現在のKPMGあずさ監査法人)に入所し、会計監査・リスクマネージメント業務に幅広く従事。2003年より2008年まで、(株)KPMG FASにて日本における不正調査サービスの責任者(パートナー)として、不正会計調査、経営者不正調査、従業員不正調査、個人情報流出事件調査など、多様な不正調査やリスクマネージメント業務を提供。2008年4月より、ACEコンサルティングを設立して独立。

白井邦芳(しらい くによし) [ACEコンサルティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー]

AIU保険会社及びAIGグループ在籍時に数度の米国研修・滞在を経て、企業の危機・不祥事・再生に関するコンサルティングに多数関わる。2350事例にのぼる着手案件数は業界屈指。2009年から現職。リスクマネジメント協会評議員、日本法科学技術学会正会員、経営戦略研究所外部専門委員、著書に「ケーススタディ 企業の危機管理コンサルティング」(中央経済社)等がある。


社長!事件です イザという時に思考停止しないための「危機管理」鉄則集

海外で発生するテロや暴動そして天災、果ては脅迫から社内の権力闘争の暴露まで。現代の企業はまさにリスク取り囲まれて活動している。ことは生命にかかわることが多いにもかかわらず、依然として、日本企業はこの種のリスクには鈍感。イザというときに、じたばたしないためには、準備こそがすべて。具体的な事例を基に危機管理の鉄則を公開する。

「社長!事件です イザという時に思考停止しないための「危機管理」鉄則集」

⇒バックナンバー一覧