ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

SBIホールディングス社長 北尾吉孝
国営企業の民営化が進む
アジアの証券会社に積極投資

2011年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──2011年度の税制改正大綱で、証券税制の優遇措置の延長が決まった。証券界にとって追い風となりそうか。

 株式の譲渡益と配当金に課される税率は本来20%で、今は10%と一時的に軽減されている。だがこの優遇措置は、恒久化するのが当たり前の話。株式購入というリスクを取っているにもかかわらず、なぜ税率が優遇されないのか。

 ひと言でいえば日本はまだ金融後進国なのだ。カネはあるが、証券税制のほかにも金融教育や金融システムがきわめて遅れている。

──金融システムでいえば、何が遅れているか。

 債券市場一つを見ても、日本はまだジャンク債(格付けが低く利回りが高い債券)の市場がない。投資家保護の観点からまだ早過ぎるといって、きわめて保守的な行政がなされてきたからだ。

 本当の投資家保護とは、証券会社が投資家の売買を取り次ぐ際、最良執行(最良と判断した価格などで発注すること)を行うことだ。

 今は、過去最高の売買代金を更新したPTS(証券会社による取引所外の電子取引)を使えば、取引所とPTSを見比べて最良の価格を瞬時に発見し、注文をどちらに出すか証券会社が選べるようになってきている。しかも注文が出せる価格の刻みはPTSのほうが細かく、投資家にとって有利なケースもある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧