ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!
【第72回】 2011年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
桃田健史 [ジャーナリスト]

パナソニックvsヤマハ発動機
電動アシスト自転車戦争の熾烈!
~競争が生む驚異の技術革新と
ワイルドカード“三洋電機”の今後

1
nextpage

 JR秋葉原駅前、最近では外国人の観光スポットとしても有名な、ヨドバシカメラ・マルティメディアAkiba。その6階、フィギアとゲームソフトの売り場を抜けて奥に進むと、ズラリと自転車が並んでいる。

 ザっと見て展示車は100台強。そのうち4割近くを電動アシスト自転車が占める。電動アシスト車は「人力と電力によるハイブリッド車」なのだから、立派な電化製品である。売り場にいた学生服姿の10代男女カップルが大幅値引き表示のポップを見ながらニコニコ。「こっちのママチャリっぽいのがいいね。でも、あっちのスポーツモデルも良さそう」とウインドウショッピングしていた。いうなれば、電動アシスト自転車は「子供でも、中・高校生でも乗れるEV(電気移動体)」なのである。

 ちなみに、欧州では電動アシスト自転車は「ペデリック」と呼ばれている。欧州で開催される次世代車の各種学会では、EV関連のプレゼンテーションの際、「ペデリック」をEV分類表のなかでLEV(ライト・エレクトリック・ビークル)の仲間として扱っている。

 LEVにはこの他にも、「セグウェイ」やトヨタ「ウイングレット」のような一人乗り移動体、スズキ「セニアカー」のような高齢者や身体の不自由な方のための小型電動車、あるいは中国で累計1億台を超えた電動二輪車、さらにはドイツ、オーストリア、スイスなどに見られる電動の小型三輪車も含まれる。

 さて、もっとも手軽なLEVである、電動アシスト自転車。その市場概要とヤマハ発動機の事業内容については、本連載の第70回で紹介した。今回はその対抗馬、ヤマハ発動機関係者がいうところの「パナ陣営(パナソニックサイクルテック、三洋電機)」を取材した。ちなみにパナソニックサイクルテックでは「ヤマハ・BS(ブリヂストン)連合」と呼んでいた。

パナソニックサイクルテック本社(大阪府柏原市)。周囲は大和川が流れる丘陵地帯。アップダウンがある地形を利用して、テスト走行を行っている。

 JR大阪環状線・天王寺駅で、近鉄大阪線に乗り換え急行で16分、河内国分(かわちこくぶ)駅に着いた。この辺りは藤井寺市にほど近い大阪市の南東部だ。駅を出て、大和川沿いの小高い丘を徒歩10分。途中の電柱の上部に「パナソニック電動アシスト自転車」の広告が目立つ。

 パナソニックサイクルテック(英文表記:Panasonic Cycle Technology Co.Ltd/2006年7月ナショナル自転車工業株式会社から社名変更)の起点は1950年、松下幸之助の「輪界復帰宣言」(松下電器産業株式会社・輪界事業部設置)にまで遡る。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!


話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧