ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

ついにバイクの年間出荷台数を追い抜いた
国内製造業の砦!電動アシスト自転車の快進撃

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第70回】 2011年2月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「電動アシスト自転車出荷台数、バイク抜く」――。2011年1月25日、読売新聞ウェブ版の小さな記事に目がとまった。

 2010年の電動アシスト自転車の国内出荷台数(速報ベース)が前年比4.6%増の38万1721台となり、外国メーカー車を除くバイク全体の同出荷台数(前年比0.1%減の38万242台)を、初めて年間で上回ったことが明らかになったのだ。

 自動二輪車の国内市場が急減している状況については、2010年4月19日掲載の本連載第40回「販売台数がピークの9分の1に急減!日本製オートバイのあまりにも厳しい前途」で分析した。そうしたネガティブな流れはまだ続いている。だが 今回このニュースを受けて、書きたいと思っているのは、バイクのことではない。その正反対のポジティブな流れにある電動アシスト自転車について、ここで深掘りしたいと思う。

 まず、電動アシスト自転車を含む自転車全体の出荷台数推移を把握するところから始めよう。

 クルマ離れ、バイク離れ、環境意識の高まり、自転車専門量販店の普及、ホームセンターや家電量販店での自転車売り場の拡大、また昨今のスポーティな高級自転車の販売好調などの観点から「日本では自転車が売れている!」というイメージを抱く読者は多いはずだ。ところが、業界団体のデータで見ると、バイクほどではないが、自転車も大幅な減少傾向にあることが分かる。

ヤマハ発動機から発売されているスポーティタイプの電動アシスト自転車「PAS Brace」(左)と子供乗せタイプの電動アシスト自転車「PAS リトルモア リチウム」(右)。

 財団法人・自転車産業振興協会の自転車協会会員統計では、自転車を16車種に分類している。同データは1985年分から公開されているが、電動アシフト自転車が独立の車種として統計に加わったのは1996年からだ。

 完成車の国内出荷数量の推移を見ると、80年代後半バブル期に600万台弱から急増し、90年に814万台でピーク。その後94年までは700万台をキープするが、96年から600万台となり、2001年からは下降傾向が鮮明になった。03年に600万台割れ、06年に500万台を下回り、現在は400万台前半だ。

 ところがこの数字、近年は市場実態と乖離していると指摘されることが多い。自転車の業界各誌は、じつは「国内市場規模は900~1000万台だ」と報じている。これは、自転車産業振興協会に所属していない商社などが近年、中国製の安価な自転車をホームセンターなどで大量販売しているためである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧