ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

大和証券が「資産純増額」を
密かに“水増し”した理由

週刊ダイヤモンド編集部
2011年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー

 証券業界で重視される決算情報の一つを、大和証券が2010年度第3四半期から密かに変更し、“水増し”とも取れる数値を開示していることがわかった。

 この指標は「資産純増額」。投資家が株式や投資信託などを購入した資産導入額から、現金に換金した流出額を差し引いたものだ。この資産純増額が増加すれば、証券会社にとって収益増につながることから大和も重視、第3四半期は729億円の純増という好結果となった。

 ところがである。この数字、これまでの算定基準で算出すれば、「100億円程度にしかならない」(大和関係者)というのだ。

 大和側によれば、第3四半期決算から、「毎月分配型の投資信託の分配金を算入している」という。つまりこの分配金で、600億円強もの“下駄”を履かせたわけだ。

 その理由について大和側は本誌取材に対し、「他社も算入して開示しているため」と説明。だが、少なくとも証券大手2社、野村證券と日興コーディアル証券は、「含めていない」と明確に否定する。

 それもそのはずで、分配金は「銀行預金などに換金して貯めておく投資家が多く、再投資に回すケースはまれ」(証券関係者)。つまり、資産純増額を計算するうえでは、むしろマイナス計上すべき項目なのだ。仮に再投資されたとしても入出金は差し引きゼロで、新たに預かった資産とはいえない。

 にもかかわらず大和が分配金を算入した背景には、自身の苦境が見え隠れする。最大手・野村は大型IPOや法人分を除いても資産純増額は6000億円程度(関係者)と、じつに10倍もの差が開いているのだ。

 そのため今回、「見劣りしないよう、苦しまぎれに加算した」(大和関係者)と見られるが、第2四半期もマイナス22億円から535億円のプラスになっているなど、注記すら付さず過去の数値までもすべて書き換えている。だが本来なら、明確な説明があってしかるべきではないか。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 池田光史)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧