ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

いわれなき電気自動車ネガティブ報道!
せっかちなメディアが見誤るメーカー側の本音

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第73回】 2011年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東京都港区芝5丁目。JR田町駅のほど近く、通称「第一京浜」、国道15号沿いの三菱自動車工業本社。その日、1階ショールームは、電気自動車(EV)「i-MiEV」で溢れかえっていた。

三菱自動車工業本社(東京都港区芝5丁目)の1階ショールーム前。「i-MiEVまつり」で各種「i-MiEV」が集結。写真手前は、AKB48「渡り廊下走り隊7」仕様の“痛車”。

 ショールーム前には、バレンタインデースペシャルとして、AKB48「渡り廊下走り隊7」の痛車(いたしゃ/アニメキャラクター・アイドルなどの写真やイラストで外装する趣味車の総称)の「i-MiEV」を含む、様々なカラーデコレーションバージョンが5台。ショールーム内には、「プジョーiON」、「シトロエン C-ZERO」、「光岡自動車 雷駆」など「i-MiEV」のOEM(相手先ブランド製造)車など6台。さらに、特設ステージ上には2009年東京モーターショーにお披露目された「i-MiEV」の2ドア車、「i-MiEV SPORT」。これら合計12台が集結し、「世界に広がる、i-MiEVまつり」(2011年1月31日~2月6日)が開催された。

 そして2月5日(土)午後2時から、同ショールームで行われたのが、「i-MiEVトークショー  電気自動車オーナーに聞く本音」だ。

 冒頭、挨拶に立ったのは同社常務取締役(国内営業統括)の相川哲郎氏。相川氏は商品開発統括担当時代、「i-MiEV」の商品化を益子修社長と共に推し進めてきた人物だ。挨拶のなかで相川氏は「2011年のi-MiEV販売シェアは、同車全生産量のうち、1/3が日本向け、1/3が欧州向け、残り1/3がPSA(プジョーシトロエン)向けになる」と説明した。

 その後、筆者は、商用電気自動車の可能性について相川氏に直接聞いてみた。すると「今日も展示しているが、ヤマト運輸と実証試験を始める。もともと、i-MiEVの商用コンセプトモデルも公開しており、可能性はあると考えている。ただ、課題は(リチウムイオン二次)電池価格に関わる車両価格。商用車は(乗用車と比較して)かなり安くなければ売れない。今後、商品化の可能性を考慮していく」と語ってくれた。

 そこで筆者は「そうしたコスト意識の観点から、三菱自動車の電気自動車用リチウムイオン二次電池の購入先が(現在主力の)GSユアサ(三菱商事 、三菱自動車との合弁による子会社リチウムエナジージャパンでEV用リチウムイオン電池を生産)だけでなく、韓国LG Chemからも含めた、マルチソースになるとの報道があるが?」と聞いたが、苦笑いで返された。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧