ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

アラブ諸国の混乱に加えて欧州のソブリンリスクまで!
バッド・タイミングが再来させる「信用収縮の悪夢」

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第165回】 2011年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

つい最近まで比較的安定していた
世界経済に、何が起きているのか?

 つい最近まで、世界の経済状況は比較的安定していた。中国など主要新興国の経済が堅調に推移していることに加えて、欧米など先進国の経済も、予想以上に回復基調の歩みを示したためだ。

それに伴って、世界景気に対して楽観的な見方が有力になり、株式や為替などの金融市場も安定した展開を示してきた。

 ところがここへ来て、世界経済が抱えるリスク・ファクターの顕在化が続いている。チュニジアに端を発したアラブ諸国の政治的混乱は、エジプトやリビア、さらにはバーレーンやイエメンなどにも広がっている。

 今後、こうした動きがさらに拡大するようだと、エネルギー価格の高騰などの経路を通じて、世界経済にも大きなマイナスの影響を与えることが懸念される。

 アラブ諸国の政治情勢以外にも、世界的なインフレ懸念の台頭や一部欧州諸国のソブリン・リスクなど、無視できないリスク・ファクターは多い。

 経済専門家の中には、特にソブリン・リスクを懸念する見方が多い。今後、それらのリスク・ファクターの現実味が高まると、景気の先行きに不透明感が漂い始めることになる。当分、重要なリスク・ファクターから目が離せない。

 足もとで起きているエジプトやリビアなどアラブ諸国の政治的な混乱は、高い失業率と食料品価格の高騰による民衆の苦しみがきっかけだった。

 アラブ諸国の中では、チュニジアやエジプトは相対的に工業化が遅れていることもあり、失業率が高い。働く場に恵まれない人々にとって、食料の価格高騰は直接生活に響く大切な要素だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧