HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

「ただの腰痛」と侮ると不眠になる可能性も!?
何をやっても治らない頑固な痛みとうまく付き合う方法

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]
【第30回】

多くのビジネスマンが慢性的に悩まされているものの1つが腰痛でしょう。「ただの腰痛」と思って放置していると、夜も眠れない状況にも陥りかねません。腰痛には、診断も治療法も数多くあります。繰り返す腰痛は我慢せずに、腰痛の専門医師等に相談したほうがよいでしょう。

腰痛から不眠、そして入院へ
仕事への支障を認識し、完治を目指す
出版社勤務 Vさん49歳

出版社に就職し、雑誌の広告担当に
順調に仕事をこなしていたある日、腰に激痛が…

 Vさんの学生時代は1年を通して日焼けしていることが当たり前だった。「日焼けしていると女の子にモテる」と信じていたからだ。都立高校時代はテニス部、大学時代はサーフィンとスキーのサークルに所属していた。夏休みは伊豆半島の海の家。冬休みと春休みは志賀高原のスキーロッジで合宿兼アルバイトをしながらサークル仲間と過ごした。体力とネットワークづくりに自信があるVさんは早くからマスコミに就職することを決めていた。

 就職試験ではテレビ局と新聞社には落ちたものの、ファッション雑誌を数多く手がける中堅の出版社に内定が決まり、広告部に配属された。昭和から平成に変わる直前の日本は、常に雑誌の新しい情報を求めていた。日本人のデザイナーが世界のコレクションで注目されはじめた時期でもあり、次々と新しい雑誌が創刊された。

 Vさんは入社してから雑誌広告が2種類あることを知った。1つは広告代理店から版下を受け取ってそれをそのまま掲載する「純広告」と呼ばれるもの。そしてもう一方が「タイアップ広告」と呼ばれるものだ。Vさんが担当したのはタイアップ広告の進行管理だった。Vさんの会社では、タイアップ広告は雑誌編集者が製作を担当する。明らかに広告とわかる情報よりも、より読者に浸透しやすいと、ファッションメーカーや外資系の化粧品メーカーからの申し込みが殺到した。それを調整するのがVさんの仕事だった。

 しかし、入社から1年がたったある日のことだ。クライアントの広告が掲載された雑誌を5冊持ってVさんが立ち上がろうとしたとき、生まれてはじめて経験する激痛が腰を襲った。

「仕事を辞めなくてはならないかもしれない」
痛みと不安が同時に襲ってきた

 職場の近くの整形外科に駆けこんだ。痛くて医師の話もまともに聞くこともできないほどだった。レントゲンを見ながら医師が言った。

 「俗にいう『ぎっくり腰』です。まずは安静にしてから湿布を貼って様子を見ましょう。運動不足も原因です。これから渡すこの紙にも書いてある『腰痛体操』を毎日してください」

 あまりの痛みに数日間は、夜も寝ることができなかった。「この痛みが永遠に続いたら会社を辞めなくてならないかも…」という不安に毎晩襲われた。痛みが強いときほどその不安は強くなった。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

日々の仕事・生活の中で、知らぬ間に身体が蝕まれているビジネスマンたち。重大な病に陥れば、最悪の場合、死を招く恐れもあります。この連載では、そんな病気のサインを見逃さず、健康で過ごす秘訣をお伝えします。

「働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気」

⇒バックナンバー一覧