ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
われわれは いかに働き どう生きるべきか
【第2回】 2017年1月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
ピーター F. ドラッカー [Peter F. Drucker],上田惇生

仕事人間こそ、気をつけるべきこと
ドラッカーはすでに答えを知っていた

寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題に、いま、わたしたちはどう向き合うべきか。実は半世紀も前に、ドラッカーのアドバイスは用意されていた。
1970年代に収録されたドラッカー本人による「幻の研修テープ」が、このたび初めて翻訳され、書籍化された。今回は、「第7章 生き生きと生きるために」より、本文の一部を無料公開する。

 30代、40代、50代……減退していく体力と反比例するかのように、仕事の責任、プレッシャーが増大していきます。働き盛りのマネジャー世代は、健康面やメンタル面で隠れた問題を抱えていることも少なくありません。

 ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)とも言われるこの問題をドラッカーは半世紀も前に取り上げ、注意を促していました。

*    *    *

増えるマネジャーの病気

ピーター F. ドラッカー
(Peter F. Drucker)
没後10年を超えたにもかかわらず、世界中から注目され続ける「知の巨人」「マネジメントの父」。「もしドラ」の題材となった『マネジメント』、IT起業家のバイブルとなった『ネクスト・ソサエティ』など、その著作は生涯で50冊以上にのぼる。
詳しくは、
ドラッカー日本公式サイト http://drucker.diamond.co.jp/

ドラッカー生き生きと(注1)働き、最前線で活躍し続けることを、もっと重視しなければなりません。

 問題は、変化が急になったことにあるのではなく、定型的な仕事が多すぎることにあります。そのため、疲れ、飽き、眠くなっている。

 これからは、マネジャーの仕事がチャレンジングになっていくだけに、由々しき事態と言えましょう。

聞き手:ほとんどの仕事が1年か2年で身につけられるものです。その後は、繰り返しがあるだけです。

ドラッカー:1年か2年かは知りません。しかし、20年でないことはたしかです。

 29歳にして、玩具メーカーで市場調査部の部長になったとします。

 最初の2、3年は、相当に面白い。その後の2、3年も、満足のいくものでした。ところが、その後は死ぬほど退屈になってしまうのです。

 知らなければならないことといえば、玩具とその市場調査のことだけ。ところが、まだ40歳にもなっていない。定年にはまだ25年もある……。

 こうして、中年のマネジャーに特有の病気にかかるのです。アルコール中毒になる。家庭生活も怪しくなる。精神科医にかかりつけになる。いずれも進行性の病気です。

 しかし、避けられない病気ではありません。予防薬は、仕事、趣味、社会貢献など、いろいろあります。

注1:仕事と労働(働くこと)は根本的に違うというのがドラッカーの持論。「働く者が満足しても、仕事が生産的に行われなければ失敗である。逆に、仕事が生産的に行われても、人が生き生きと働けなければ失敗である」(『マネジメント【エッセンシャル版】』より)。

*    *    *

『われわれはいかに働き どう生きるべきか』第7章では、ほかに「継続学習の必要性」「成功する転職、行き過ぎた転身」「人生が延びたからこその問題」などに対して、ドラッカー教授のアドバイスが示されています。

 詳しくは、書籍をご覧ください。

第3回に続く>

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、4/9~4/15)



1909年、ウィーンに生まれ、フランクフルト大学卒業後、経済記者、論説委員として働きながら、国際公法の博士号を取得。33年に発表した論文がナチス・ドイツの不興を買い、ロンドンへ移住。保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験した後に渡米。39年、ファシズムの起源を分析した『「経済人」の終わり』を刊行。43年、ゼネラルモーターズより同社のマネジメントに関する研究を依頼され、これは46年に上梓された『会社という概念』に結実している。50年ニューヨーク大学教授に就任。54年『現代の経営』を発表。71年にクレアモント大学院大学教授に就任した。
産業界に最も影響力の大きい経営思想家として知られ、「分権化」「目標管理」「知識労働者」など、数々のコンセプトと手法を発案してきた。邦訳されたものだけでも『断絶の時代』『ポスト資本主義社会』『ネクスト・ソサエティ』(いずれもダイヤモンド社)など、ゆうに30冊を超える著書を発表した。またHarvard Business Reviewにはこの“Management Must Manage”をはじめ、35本の論文を寄稿した。この数はだれにも破られておらず、おそらくこれからも破られることはないだろう。なお、これらドラッカーのHBRへの寄稿論文をすべて収録したアンソロジー『P. F. ドラッカー経営論』(ダイヤモンド社)がある。
2005年11月11日、96歳の誕生日を目前に死去。

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


われわれは いかに働き どう生きるべきか

寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題……。仕事のみならず、よき人生をいかに生きるかについて、毎日の心得、そしてハウツーを、ドラッカー教授が語りかける。ドラッカー教授が自ら指南した幻の研修テープの、初の活字化。

「われわれは いかに働き どう生きるべきか」

⇒バックナンバー一覧