ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第6回】 2015年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

「経営学者はドラッカーなんて読まない」は本当!?
【入山章栄×岩崎夏海】対談(前編)

1
nextpage

280万部のベストセラー『もしドラ』待望の第2弾、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(以降『もしイノ』)を記念した特別対談です。著者の岩崎夏海氏と、経営学者の入山章栄氏が『もしイノ』と世界の経営学について語り合います。
入山氏の著書、『世界の経営学者はいま何を考えているのか』は経営学書として異例の大ヒットを記録。11月末に発売された新著『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』もすでに大きな話題を呼んでいます。前著では「経営学者はドラッカーを読まない」として話題になりましたが、そこにはどのような背景があったのでしょうか? また、『もしイノ』『世界の~』の隠された共通点が明かされます。
(構成:田中裕子、写真:宇佐見利明)

なぜ、世界の経営学者はドラッカーを読まないのか?

入山 突然ですが、僕は経営学者ではありながら、経営そのものに強い関心があるわけではないんです。どちらかというと自分で深く考えることが好きで、それを書いて世に出すことに関心があって。だから学者になったのだと思います。その意味で、今日は岩崎さんのように文章を生み出す方とお話できてうれしいです。

岩崎 こちらこそ、お会いできて光栄です。経営学者の方から直接作品についてのお話をうかがえる機会はなかなかありませんから。

入山 そうだ、先に言っておかなくちゃ……。『世界の経営学者はいま何を考えているのか』で僕は、「ドラッカーは、世界の経営学者には読まれていない」と書きました。それがドラッカー好きの日本人の間で話題にもなって。でも、決して「読むな」とか「読む必要はない」と言っているわけではないんです。知り合いのアナリストも「入山さんの本はよかったけれど、やっぱり自分は経営者にドラッカーを薦めます」と言う人もいますしね。

岩崎 ええ、わかります。

入山章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学ビジネススクール准教授。慶応義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所を経て、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。2013年から現職。『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)。2015年11月に3年ぶりの新刊『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経BP社)を刊行。

入山 たしかに海外の経営学ではドラッカーを土台にした研究はされていませんし、僕自身、ドラッカーの著作を読んだことはないんです。今回も岩崎さんの本は読んだけど、ドラッカーの本そのものはあえて読まないで来ました(笑)。ただ、いくら学者が「ドラッカーは本当の経営学ではない!」と言っても、「本当の経営学」とドラッカー、どちらがビジネスパーソンに影響を与えているかといえば、後者なんです。これは、アメリカも日本も変わりません。

岩崎 アメリカで言えば、『もしイノ』でも取り上げた『ビジョナリー・カンパニー』(日経BP社)のジム・コリンズも同じような扱いになっているんですか? 学者よりも、現場の人たちに支持されるという。

入山 まさに、おっしゃるとおりです。僕たち学者は、ひたすら「なぜ(Why)?」を積み上げて理論を考えます。でも、ドラッカーはそうではない。たくさんの企業を調査して、経営者と会って、自分のなかでまとまったものをそのまま文章に乗せて書いています。だからこそ、彼の本には「読ませる力」があるのでしょう。学問は、いくら理論的に正しくても、その力がないんですよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧