ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

「自分に向く仕事」にこだわる就活生の目を開く3つのアドバイス

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第72回】 2017年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「自分に向く仕事」にこだわりすぎるあまり、就活の行動に自らブレーキをかけていませんか?

 「先生から見て、僕に合っている仕事って何だと思いますか?」
 「自分に向いていると思う仕事を教えてください」

 これは、学生や第二新卒からよく聞かれる質問です。その背景には、「仕事選びに失敗したくない」という強い気持ちを持っていることにあります。

 これらの質問に対して、私はいつも同じ返答をしています。

 「いいですよ。ただし、その仕事を教えたら、絶対にその仕事に就くって約束してくれますか?」

 すると、ほとんどの方は引いてしまいます。なぜなら、彼らは、本気でその仕事に就くことを考えていないからです。そのうえ私が本気で言うことで、彼らは自分に向いていない仕事を紹介されるのではないかという不安を、少なからず持っているからでしょう。

 企業情報を集めたり、志望企業に応募したりすることをインターネットから行う時代の中で、「○○の仕事が自分に向いているか」という類の質問は、就職できない若者の特徴の一つでもあるのです。就職するにあたり、「仕事の向き不向きを確認しないと不安だ」という彼らの気持ちは理解できますが、就職する前から仕事内容をあれこれと心配していても、就活で自分の行動にブレーキをかけてしまうだけです。

 彼らはどのように就活を進めていけばいいのでしょうか。また、周囲はどう支援していけばいいのでしょうか。今回は「自分に向いている仕事の探し方」について考えていきます。

就活に対し、
「覚悟」を持って臨んでいるか

 「就職」という目標を立てて「自分に向いている仕事を探す」というのは、就活において最も多くの時間を費やす作業といえるでしょう。なぜなら、社会人になってから定年まで勤める期間は40年以上になり、人生の一大事として「就職」の失敗はしたくないからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧