ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
医師が語る、心を整え、人生を楽にするコツ
【第2回】 2017年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
矢作直樹

人間関係に悩まされることなく、
自由に気楽に生きる秘訣

1
nextpage

家庭や職場、学校、あるいは趣味の集まりなど、他人と関わり、交流すれば必ずついてくるのが人間関係の悩みだ。しかし、そんな人間関係も、こうして考え方を少し変えるだけで驚くほど楽になる。

人付き合いが減ると、楽になる

 悩みの種だった人付き合いが、気がつくと楽になっていることがあります。
 経験のある方もいるでしょうが、これほどうれしいことはありません。なぜ、楽になるのでしょうか?

(1)付き合う人の数(顔ぶれ)が減ると、物理的に楽になる
(2)気が合う人との交流が増えると、精神的に楽になる
(3)相手に何かを求めなくなると、関係的に楽になる

 これらは、いわゆる「お互いさま」を理解した境地なのです。少しずつこれができるようになれば、日常が変わります。

 付き合う顔ぶれが減ることで、大事に思い合える人だけが残ります。
 無理に減らす必要はありませんが、何かをきっかけにして減ってしまうこともあります。あるいは時間的、物理的(距離的)な要因でも、付き合う人は減ります。

矢作直樹(やはぎなおき)
東京大学名誉教授。医師。1981年、金沢大学医学部卒業。1982年、富山医科薬科大学の助手となり、83年、国立循環器病センターのレジデントとなる。同センターの外科系集中治療科医師、医長を経て、99年より東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長となり、2016年3月に任期満了退官。

 そもそも、友人は作るものではなく、「できるもの」です。さまざまな条件が重なった末にできるものであり、自然の成り行きなのです。
 ですから減るのも自然な成り行きであり、自然減はむしろストレスを解放してくれます。

 友人といっても、関係は不変なものではありません。
 お互いを取り巻く環境の変化などで、それまでの友人であり得た条件が変わり、疎遠になることもまた自然なのです。
 気が合う人との交流を密にすると、共有力が高まります。
 何かを共有したり、分け合ったりすることは、気づきと学びです。
 そして、他者に求めなくなると、自分にも求められなくなります。また、そこに何か加えるとすれば、「誰かを追いかけない」ということでしょうか。
 意識が変わり始めると、必ず付き合いの中身が変わります。それを繰り返すと、次第に自分と近しい人に出会うことになります。すると、誰かを追いかける必要もなくなり、理想的な付き合いができるようになると思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
「原因と結果」の経済学

「原因と結果」の経済学

中室 牧子 著/津川 友介 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
「メタボ健診を受けていれば健康になれる」「テレビを見せると子どもの学力が下がる」「偏差値の高い大学に行けば収入は上がる」はなぜ間違いなのか? 世界中の経済学者がこぞって用いる最新手法「因果推論」を数式なしで徹底的にわかりやすく解説。世のなかにあふれる「根拠のない通説」にだまされなくなる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、2/19~2/25)


注目のトピックスPR


矢作直樹(やはぎ・なおき)

東京大学名誉教授。医師。1981年、金沢大学医学部卒業。1982年、富山医科薬科大学の助手となり、83年、国立循環器病センターのレジデントとなる。同センターの外科系集中治療科医師、医長を経て、99年より東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長となり、2016年3月に任期満了退官。
著書には『人は死なない』(バジリコ)、『おかげさまで生きる』(幻冬舎)、『お別れの作法』『悩まない』(以上、ダイヤモンド社)など多数がある。


医師が語る、心を整え、人生を楽にするコツ

私たちとって最も大切なこと、それは「時」をどう使うか、ということでしょう。有効に活用するのか、それとも何となくやり過ごすのか。あの世は存在し、人は輪廻転生して生まれ変わるものだとしても、今回の人生は一度きりのものです。だからこそ、気楽に生きないと、もったいないではないですか? 人は、自分を変えることができます。見た目だけでなく、心や考え方や行動さえも含めた変化が可能です。言い訳をやめて、ほんの少しだけ考え方や心持ち、習慣などを変えてみると、人生が見違えるように感じられてくるのを実感できるはずです。救急医として数々の生と死に接してきた医師が悔いのない人生を送るために必要な、心身の健康と幸福のヒントを語ります。

「医師が語る、心を整え、人生を楽にするコツ」

⇒バックナンバー一覧