ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1秒で「気がきく人」がうまくいく
【第10回】 2016年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
松澤萬紀 [日本ホスピタリティー・マナー研究所・代表]

「転職で人間関係が悪くなった」24%、「良くなった」21%!

1
nextpage

ANA客室乗務員12年。500万人のお客様から学んだ「気がきく人」の1秒の習慣。その業界でダントツの成果を上げている人に共通していたのは、ほんの「1秒」という時間の中で判断を下し、非常に「気がきく習慣」をいつも実行しているということです!

「10年の経験」を積んだ人だけが、
「一人前」と呼ばれ


 2012年の3月に卒業した新卒が「3年以内に就職先を辞めた人の割合(離職率)」は、大卒でおよそ3人に1人(32・3%)だそうです(※1)。

 離職の理由でもっとも多いのは、「キャリア成長が望めないから(25・5%)」(Vorkers「働きがい研究所」調べ)で、全体の4分の1を占めています。

「長い下積み時代よりも、早く次のステップに進みたい」という思いが強いのかもしれません。

 私は、転職に反対しているわけではありません。

 心身を壊してしまうほど追い込まれているのなら、無理をせず、自分の気持ちにしたがったほうがいいと思います。

 ですが、「今が嫌だから」と、目の前の状況から逃げるように辞める人は、次の新しい職場でも、また「今が嫌だから」という理由で辞め、転職を繰り返す可能性があります。

 会社の「人間関係」を理由に転職をする人の中には、
「会社が変われば人間関係も変わる。そうすれば、仕事ももっと楽しくなる」
と考えている人が多いようです。

ですが、アンケート調査によると、「転職によって人間関係の満足度が高まった」と回答した人は、わずか「21%」にすぎず、「以前より、下がった」と回答した人のほうが多い(24%)という結果が出ています。そして「変わらない」が55%です([en]転職コンサルタント調べ)。

 転職したからといって、人間関係の問題が解決するわけではないのですね。

結局は自分のコミュニケーション力を磨いて、「自分の力」で問題を乗り越えていかないかぎり、転職先でも、同じようなトラブルに追いかけまわされることになります。

 毎年、寒い時期になると、顔を出すおでん屋さんがあります。

 先日、顔なじみのご主人に、「どうやったら、おいしいおでんが簡単につくれますか?」と軽い気持ちで質問してみました。

 すると、いつもは笑顔を絶やさないご主人が、このときは真剣な表情を見せて、私を諭(さと)すように言いました。

「萬紀ちゃん、この店では、簡単なものは出していないよ。
おでんといったって、1日やそこらで覚えられるほど、簡単なものではないからね。
3年あれば、ひと通り、料理のことを覚えることはできる。
けれど、いつもと違う醤油を使っても、いつもと違う鍋を使っても、『同じ味』のおでんをつくれるようになるには、10年はかかる。
大事なのは、たくさん経験することだよ


 プロ意識を持つご主人に対し、思慮を欠く質問をした自分が恥ずかしくなりました。

「一人前になりたければ、10年の経験が必要」というご主人の言葉に、「仕事への向き合い方」を教わった気がします。

 私はマナー講師になって7年ですが、まだまだ、未熟です。おでん屋のご主人のように、「どんな状況に陥っても、同じレベルの仕事ができる」ほど、習熟してはいません。

 研修の当日に会場が変わったり、人数が変わったり、研修テーマが急に変われば、きっと動揺するでしょう。

 先日も、機材の調子が悪くてスライドの投影がうまくいかず、うろたえてしまったことがありました。

「10年で一人前」だとすれば、私にとって残りの3年は「どんな状況に陥っても、同じレベルの仕事ができる」ようになるための修業期間です。

人はハプニングに見舞われるほど、「一人前」に近づいていける。

 そのことに気づいてからは、予想外の状況に直面しても、「今、自分は試されているんだ」と前向きにとらえることができるようになりました。

(※1:厚生労働省調べ/新規学卒者の離職状況より)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


松澤萬紀(まつざわ・まき) [日本ホスピタリティー・マナー研究所・代表]

日本ホスピタリティー・マナー研究所・代表。幼少期よりCA(客室乗務員)に憧れ、8回目の試験で念願のCAに合格。ANA(全日空)のCAとして12年間勤務する。トータルフライトタイムは8585.8時間(地球370周分)。在職中に、「社内留学制度」に合格し、西オーストラリアに留学。現地学生とともに「ホスピタリティー」を学ぶ。ANA退社後は、ホスピタリティー・マナー講師、CS(顧客満足度)向上コンサルタントとして活動。関西人ならではのユーモラスな講義で、過去最多の年は、年間登壇回数200回以上。総受講者数は、2万人以上。リピート率は97%に達し、1年後の研修も決まっている。「礼法講師」資格、「日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー」資格も持ち、「笑顔と思いやりからはじまるマナー」を、「3つのK(行動・気づき・心)」ですぐに行動化できることを目的とした人財育成を行う。「新入社員研修」「 管理職研修」「 接遇研修」などを中心に、幅広い層に対して豊富な研修実績を持つ。とくに「新入社員研修」に関しては定評があり、100%のリピート率をほこる。また、企業研修のみならず、高校、大学でも講座を行った経験があり、毎回、大好評を博している。また、読売テレビ「ミヤネ屋」、乃木坂46の番組である日本テレビ「NOGIBINGO! 5」・「news every.」、TBSテレビ「はなまるマーケット」、ラジオ「J-WAVE」などへの出演、毎日新聞にも掲載されるなど、メディアでも活躍中。著書に、11万部を突破した『100%好かれる1%の習慣』、『【図解】100%好かれる1%の習慣』があり、台湾や韓国でも、翻訳され、人気を博している。


1秒で「気がきく人」がうまくいく

ANA客室乗務員12年。500万人のお客様から学んだ「気がきく人」の1秒の習慣。成果を上げている人に共通していたのは、ほんの「1秒」という時間の中で判断を下し、非常に「気がきく習慣」をいつも実行していること。「1秒の習慣」で、人間関係・仕事・お金・幸せ・男女・人生の悩みが解決!

「1秒で「気がきく人」がうまくいく」

⇒バックナンバー一覧