ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最高の子育てベスト55
【第7回】 2017年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
トレーシー・カチロー,鹿田昌美

親が○○だと、子供の「自制心」が育たない

1
nextpage

「子どものIQはどうすれば伸びる?」「なぜ、ごっこ遊びがそんなに大事?」「外国語や科学、音楽への興味を育むには?」……脳科学から心理学、教育学まで最新リサーチを網羅し、いまの科学の常識で「これは絶対にいい!」と断言できる子育て法を厳選、網羅した『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55』が話題だ。「最もクールで、最もわかりやすい」「これからの子育ての新基準」と絶賛されている話題のベストセラーから、驚きのノウハウを紹介する。

親の子育てスタイルが、一生を左右する

 次のような子どもに育ちやすい子育てスタイルがあります。

●自立心が強い

●自信がある

●社会的能力が高い

●不安が少ない

●落ち込みにくい

 こういった子どもの親は、子どもの要求に上手に応じて協力的であり、厳しくも敬意をもって親のルールを守らせます。カリフォルニア大学バークレー校の研究者ダイアナ・バウムリンドは、この子育てスタイルを「民主型」と呼びます

 1980年代半ば以降、数々の研究によって、子育てスタイルと子どもの社会行動に強い相関関係があることが証明されてきました。

 子育てのスタイルが、子どもの未来の姿を保証するわけではありません。親が子どもに与える影響には限りがあります。他に「遺伝子」「友人」「文化」「親以外の大人(シッター、教師、祖父母、コーチ)」という要因があり、親から受ける影響は20~50パーセントと言われています。

 でも、できる限りのことはしたいですよね?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小さな習慣

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著/田口未和 訳

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



トレーシー・カチロー(Tracy Cutchlow)

ジャーナリスト、編集者。世界的ベストセラー『ブレイン・ルール』『ブレイン・ルールズ・フォー・ベイビー』などを編集。シアトルタイムス誌、MSNマネー誌でジャーナリストとして活躍。また、子育て中の親や教師向けに講演を行っている。ワシントンポスト誌、ハフィントンポスト誌などの子育て記事は高い評価を得ており、本書は「新米パパママにとって、最もクールで最もわかりやすい1冊」(ペアレンツマガジン)、「これからの子育ての新基準」(ママトレンド)と話題に。米シアトルで夫と娘と暮らしている。


最高の子育てベスト55

「子どものIQはどうすれば伸びる?」「なぜ、ごっこ遊びがそんなに大事?」「外国語や科学、数学への興味を育むには?」……脳科学から心理学、教育学まで最新リサーチを網羅! いまの科学で「これは絶対にいい!」と断言できる、子どもの頭をよくし、潜在能力を引き出せる具体的なノウハウを1冊に凝縮。「最もクールで、最もわかりやすい!」「これからの子育ての新基準!」と絶賛された話題の全米ベストセラー、ついに日本上陸!

「最高の子育てベスト55」

⇒バックナンバー一覧