ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

住居や家財に国・自治体からの給付は限定的なのが実情。生活基盤の再建を支援する「地震保険」の基礎知識

――緊急リレー連載・大震災で今すぐ役立つマネー知識①

生活設計塾クルー
2011年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

未曾有の大災害が東北・関東地方を襲った。着の身着のままで避難せざるを得ず、住居や家財、現金を失い、お金の問題で様々な不安を抱かれている被災者の方も多いと思われる。そうした方々や支援者の方々が今すぐに役立てられるマネーの知識を、独立系ファイナンシャルプランナー集団「生活設計塾クルー」のメンバーが全6回のリレー形式でお伝えする。

住居や家財の被災に対し
国や自治体からの援助は限られている

 東北関東大震災で被災した皆様、そしてご遺族の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 今回の東北関東大震災は、多くの世帯に非常に深刻な被害を及ぼした。幸いにして命が助かった方でも、その多くは生活の基盤である住居を完全に失っている。

 だが、暮らしに不可欠な住居や家財に被害を受けても、国や自治体からのそれに対する給付は極めて限られていることをご存じだろうか。住居を失った世帯等に対する「被災者生活再建支援制度」では、住居が全壊した世帯への基礎支援金が100万円、その後建物を建築すれば加算支援金が200万円で最大300万円、大規模半壊では合計最大250万円まで。大きな被害を受けたとしても、大規模半壊に及ばなければ給付そのものがない。

 つまり、避けようのない災害で生活の基盤を根こそぎ奪われても、自力再建が基本。これが現実なのである。

 そこで、地震や津波、噴火による被害への、ほぼ唯一の補償手段と言えるのが地震保険である。地震保険は、火災保険にセットして契約するもの。法律に基づき作られた官民一体の保険であり、たとえ保険会社が破たんしても、国が保険金の支払いを保証する。

 だが実際に、地震保険はどこまで役に立つのか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

生活設計塾クルー

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー集団。経験に裏打ちされた独自の視点で、一人ひとりの将来設計に応じた資産運用や保障設計のアドバイスを行なう。また、セミナーや執筆活動も幅広く展開。金融・経済、金融商品、社会保険等について中立の立場から情報を発信している。生活設計塾クルーのウェブサイト


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧