ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバル仕事人のコミュ力 澤円

なぜ日本人は「べき論」を振りかざして衝突するのか

澤 円 [日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター センター長]
【第12回】 2017年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「べき」を考えることが悪いのではなく、押し付けるから怒りや衝突が生まれます

 皆さん、こんにちは。澤です。

 今回は「アンガーマネジメント」第四弾になります。

前回は具体的なアンガーマネジメントの手法をご紹介するに当たり、3つの暗号があること、そしてそのひとつ目の「6秒」を取り上げました。

 6秒とは、怒りのピークの持続時間であり、その間に発する言葉やとる行動は、後悔につながるリスクがあること、また、その6秒をやり過ごすために効果的なメソッドも併せてご紹介しました。

 試してみた方もいらっしゃいますよね?どんな感じでしたでしょうか。「衝動的な怒り」をコントロールして正しく怒るためには、練習が必要です。ぜひ皆さんでトライしてみてください。

 さて、今回は、暗号のふたつ目、「三重丸」をご説明します。

怒りの正体は「~べき」

 ふたつ目の暗号の「三重丸」の説明をするためには、怒りの正体を明らかにしなくてはなりません。私は怒りの正体を理解することこそ、アンガーマネジメントの本質に迫ることが言えるのではないかと思っています。

 人は、「ほかの人」「出来事」「モノ」に対して怒りを抱きます。その怒りの正体は、「べき」という言葉で表すことができます。

 「~~であるべき」「~~するべき」という使い方をする「べき」のことです。この「べき」は、人それぞれの人生が続いていく中で醸成されていくものであり、生まれ育った環境、親兄弟との関係、学校や職場でのさまざまな経験によってどんどん固まっていくものです。そして、日本アンガーマネジメント協会において「すべての『べき』は正解である」と定義しています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

澤 円 [日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター センター長]

立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャ、クラウドプラットフォーム営業本部本部長などを歴任。2011年7月、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。著書に「外資系エリートのシンプルな伝え方」がある。Twitter:Madoka Sawa (@madoka510)

 


グローバル仕事人のコミュ力 澤円

グローバル化が進む現代において、ますます必須になるコミュニケーション力。グローバルに活躍できる人は、どう“コミュ力”を磨いているのでしょうか。マイクロソフトテクノロジーセンターのセンター長として、エグゼクティブお向けに、さまざまなプレゼンテーションを行い、同社でトッププレゼンターの地位を確立している澤円さんが、そのスキル・知見を出し惜しみなく紹介します。

「グローバル仕事人のコミュ力 澤円」

⇒バックナンバー一覧