ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トクする確定申告・青色申告
【第1回】 2017年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
(株)ノート・Business Train,税理士・土屋裕昭

税金は無精者、お人好しが損する仕組み!
コツをつかめば楽勝!確定申告でトクをしよう

1
nextpage

確定申告の季節がやってきました。締め切りは3月15日。実は毎年申告している人にとっては節税の腕の見せ所であったり、臨時収入を得るチャンスであったりするなど、楽しんでいる人も多い恒例イベントです。自分は無関係だと思っている人でも、たった1枚申告書を提出するだけで、簡単に“小遣い”を稼げる場合もあります。そこで、大人気の確定申告マニュアル『いちばんわかりやすい確定申告の書き方』の著者と監修者が、そんな申告初心者のために、確定申告の基本を3回に分けて解説いたします。

確定申告シーズンを「臨時収入が入る」と楽しみにしている人もいる。税金は「取られる」というイメージが強いが、「取り戻す」という発想も必要

お金をドブに捨てていませんか?
アナタは払う必要のない税金を払っていた!

 まずは以下の質問に答えてみましょう。

(1)経費の精算を放っておいて、会社から目をつけられても構いませんか?
(2)家賃を滞納して、利息を請求されても気にしませんか?
(3)書類を書くだけで、数万円をもらえるとしたら断りますか?
(4)友達に貸した5万円を、取り立てが面倒だからといってあきらめますか?

 ひとつでも「はい」と答えた質問はあったでしょうか。確定申告とは、一言でいえば、「正しい税額を納めたり、納め過ぎている税金を返してもらったりする」ことです。
 これをさらにかみ砕くと……、
 ・税金をまだ納めていない場合は税額を計算して納める
 ・源泉徴収などで多めに税金を天引きされている場合は返してもらう

 という2つのケースがあることになります。前出の質問に戻りましょう。(1)や(2)のように、払うべきお金を払わないで文句を言われたり、余計な出費が発生したりするのは避けたいですよね。(3)(4)のように簡単に稼げるいい話を断ったり、貸したお金が返ってこなかったりするのも嫌ですよね。

 確定申告は、これらの「お金」が「税金」に代わっただけのことです。先ほどの質問を確定申告バージョンに変えてみましょう。

1.税金の計算を放っておいて、税務署から目をつけられても構いませんか?
2.税金を滞納して、加算税延滞税を請求されても気にしませんか?
3.確定申告書を書くだけで、数万円ももらえるとしたら断りますか?
4.税務署納めた5万円を、取り立てが面倒だからといってあきらめますか?

 確定申告に無関心でいるということは、上記のようなリスクや損失を受け入れるということです。もったいない話ですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  2017年
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



(株)ノート・Business Train

起業・開業・ビジネス分野のコンテンツ制作から支援まで行うエキスパート集団。小さな会社やお店の取材は500件を超え、現場から抽出した実践重視の解説で高い評価を得ている。著書に『いちばんわかりやすい確定申告の書き方』(ダイヤモンド社)、『小さな会社「これが社長の仕事です!」』(実務教育出版)、『はじめてのお店やろうよ!シリーズ』(技術評論社)など多数。問い合わせ先:info@note-tokyo.com


トクする確定申告・青色申告

いよいよ確定申告シーズンが本格化。昨年(2016年)分の申告は、3月15日が締め切り。確定申告と聞いて、「面倒そう」「私には無関係」と思っているアナタは、せっかくノーリスクでお金が手に入るかもしれないチャンスをみすみす逃しているかもしれません。
そもそも個人にとっての確定申告のメインは、多く払い過ぎた税金を取り戻すこと。しっかりと確定申告をして、1円でも多く税金を取り戻したい。また、副業や株で利益が出たなどして支払う場合も、しっかりとした知識で対処して1円でも少なく支払おう。本連載では、初めてでも、1人でもできるカンタンな確定申告と青色申告について、その仕組みと書き方を解説する。

「トクする確定申告・青色申告」

⇒バックナンバー一覧