ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あきらめるな! 震災二日目から被災地に入った元暴走族社長の支援日誌
【第1回】 2011年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤秀視 [Japan元気塾塾長]

じっとしていられない!
工事用トラックにあるだけの物資を積んで仙台空港へ

1
nextpage

ツイッターを駆使し、最も必要とされているものを、最も必要としている人々へ届ける!
行動派社会起業家の東日本大震災体当たり支援レポート。
3.11から約1ヵ月間にわたる支援活動の記録を日誌形式で紹介する。

大地震発生!
12時間かけて栃木の自宅に帰る

■3.11
  あの大地震が起きたとき、僕は首都高の車中だった。葛西の付近だったか。ものすごい揺れ、車を停めて揺れが収まるのを待つあいだがひどく長く感じられた。道路には亀裂が入り、橋がゆがんでいた。

 避難用の階段で、老人や子供づれのファミリーから下の道に降りてもらうよう手助けしたが、その間も余震が襲ってくる。1時間ほどして「階段も危険だ! もう降りるな」と言われ、仕方なく車内へ戻り、渋滞の中をじりじりしながらほんの数十センチずつ進む。トラックが横転し、荷台から電信柱が崩れ落ちて道をふさいでいる。

 地震発生から4時間半後の19:20過ぎ、ようやく首都高速を出ることができ、一般道を栃木へ向かう。その途中も、いたるところで電線が切れ、信号が消え、道路が陥没している……あたりは真っ暗。それでも帰宅しようとする車で渋滞しており、ずーっとノロノロ運転だ。栃木県に入ったところでは、道路沿いの家が傾き、壁がひび割れだらけになっている。これはひどい。

■3.12
  明けて12日の午前3時過ぎ、ようやく帰宅。家の壁もひび割れが入ったりしていたが、家族はみな無事だった。だが、福島と仙台在住のJapan元気塾の仲間、親戚と連絡がとれない。ツイッターには、刻々と安否情報を求める声、支援金・支援活動者の募集、「電気が来ていません!」という病院からの悲痛な叫びが入ってくる。そしてテレビでは地震に引き続き、津波に襲われた町の壮絶な光景が! 僕はツイッターにこう書いた。

 「今日の予定はすべて中止。いまは特に! 情報共有、支援、発信と繋がっていきましょう。こちらはいつでも準備万端です! どこでもいけます! なんでもやれます!」(3月12日13:15)

 僕の会社がある栃木県日光市から福島県までは車で2時間。被災地のそばにいる自分は、広がり続ける被害に何ができるのか? 土建業者として、道路の改修やがけ崩れに対応する技術はある。Japan元気塾で仲間と色々な啓蒙活動に取り組んできた経験もある。福島、仙台のJapan元気塾の仲間にも親戚にも連絡がとれないとなれば、もうじっとしていられない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

加藤秀視 [Japan元気塾塾長]

1976年生まれ、栃木県出身。株式会社創栄Group代表取締役、株式会社新明建設会長。
Japan元気塾塾長。青年版国民栄誉賞「人間力大賞」準グランプリ、文部科学大臣・衆議院議長奨励賞受賞。

父親の度重なる虐待を受け少年期を養護施設で過ごした。家庭の寂しさから荒れ、小学生のころからくわえタバコで学校に通い、中学校はバイクで通い暴走族に入る。高校を中退し暴走族のトップから裏社会へ。
22歳のとき、2度目の逮捕をきっかけに起業、その後、友人の死を機に裏社会と決別。
起業家として独自の経営スタイルを持ち、人材育成、青少年の更生活動に情熱を注ぎ、230名を超える若者、親子ともに更生の道へ導いている。その異端児ぶりは国内だけに留まらず、海外からも注目され、講演やメディアに出演の依頼が絶えない。2011年初めに高卒資格をとり、4月から法政大学大学院に在籍。犯罪心理学、政策創造学を専攻。著書に『「親のようにならない」が夢だった』、『だから、自分をあきらめるな!』(いずれもダイヤモンド社)がある。

 


あきらめるな! 震災二日目から被災地に入った元暴走族社長の支援日誌

ツイッターを駆使し、最も必要とされているものを、最も必要としている人々へ届ける!
行動派社会起業家の東日本大震災体当たり支援レポート。
3.11から約1ヵ月間にわたる支援活動の記録を日誌形式で紹介する。

「あきらめるな! 震災二日目から被災地に入った元暴走族社長の支援日誌」

⇒バックナンバー一覧