ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

わずか1ヵ月の間隙突いた
イオンのパルコ乗っ取り劇

週刊ダイヤモンド編集部
2011年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

筆頭株主、森トラストと経営陣との対立に乗じて、イオンがパルコを乗っ取りにかかっている。威圧的ともいえる提携案に、当のパルコは拒絶反応を示すが、森・イオン連合の持ち株比率は45%を超え圧倒的に有利な状況にある。5月末の株主総会に向けて、両者のつばぜり合いは激しさを増すばかりだ。

突如、大株主として現れたイオンが突きつけてきた要求に、平野秀一・パルコ社長は「応じられないし、今のところ信頼関係も築けていない」と主張している
Photo by Kazutoshi Sumitomo
Photo:JIJI

 「2月決算の会社にとって、あのタイミングでのイオンの発表には度肝を抜かれただろうね」(金融機関関係者)

 小売り大手のイオンがパルコ株の12.31%を取得したと公表した2月22日のことである。

 専門店ビルを運営するパルコは2月期決算。5月下旬に予定されている株主総会で、株主が議決権を行使するには、2月末時点で株を有することが条件になる。その基準日まで、1週間を切るタイミングでの出来事だった。

 その後のイオンの動きは素早かった。

 3月17日にパルコに提携を申し入れた。内容は、CEO(最高経営責任者)を含む取締役3人を送り込み、将来の子会社化も検討しているという威圧的なもの。これをパルコが拒絶すると、今度は筆頭株主の森トラストと組んで、現経営陣を退任に追い込む株主提案を突き付けてきた。

 株が議決権を持つ基準日(2月末)と、株主提案の締め切り(3月末=株主総会の8週間前)のわずか1ヵ月間という間隙を利用した奇襲攻撃だ(下の図参照)。緻密なタイムスケジュールを駆使し、相手に検討の余地を与える間もなく策を繰り出してきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧