ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話がはずむ雑談力
【第9回】 2017年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤孝

仕事ができる人だけがやっている、
雑談を長引かせないコツとは?

1
nextpage

「できる営業マンは雑談が上手」と聞いて、必死にトーク術を学んだものの、
一向に売上は上がらない。こんな風に悩む人も少なくありません。
実は、本当に仕事ができる人は、トーク術に長けているわけでも、
いわゆる話好きでもありません。何気ない会話と本題とのスイッチ、
会話の切り替えが上手な人なのです。
職場での私語は、ダラダラと長いと評価は下がりますが、
職場の空気を良くする、ほどよい「雑談」ができる人は、
むしろ高い評価を得ています。
仕事ができる人が実践している「会話のスイッチ」について解説しましょう。

何事も大事なのは「引き際」 Photo:milatas-Fotolia.com

雑談は「長引かせない」から後を引かない

 何事も大事なのは「引き際」。雑談も同じです。

 話し始めたはいいけれど、話を切り上げられず、いつまでもズルズルと終われない。これもまた、雑談が苦手という人が陥りやすいケースでしょう。

 何度も取引先に足を運び、楽しく雑談をして担当者と良くなったつもりでも、いつまでたっても契約につながらない。
 一見、コミュニケーション能力が高そうなのに、結果が伴っていない……。
 こういう営業マンは、結構いるようです。

 これは、雑談の本当の意味を理解していなから生じる問題かもしれません。

 雑談はあくまで「ほんの少しの時間」を心地よく埋めるためのものです。
 あくまで「場の空気づくり」が目的。
 そこで長々と話し込んでしまうと、場が和むどころか、かえってお互いに気疲れしてしまうことも。
 ですから長引かせずにサクッと切り上げる。
 これも重要な雑談のルールであり、流儀です。

 パッと出会って、心地よく話して、サクッと切り上げる。
 潔い終わり方も場の空気づくりには欠かせません。
 立つ鳥跡を濁さず。
 後味のさわやかさが心地よい余韻となって残り、相手に好印象を与えることもあるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)




会話がはずむ雑談力

商談、接客、面接、インターンシップ等、あらゆる場面で必要とされるスキルが「会話力」。なかでも、何気ない会話のキャッチボールである「雑談力」は、コミュニケーションスキルの1つとして重要視されている。この連載では、口下手な人や「中身のない会話」が苦手な人でも、誰とでもうまく話せるコツを紹介していく。

「会話がはずむ雑談力」

⇒バックナンバー一覧