ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話がはずむ雑談力
【第5回】 2017年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤孝

気まずさを一瞬で解消する「あいさつ+ひと言」

1
nextpage

何気ない会話ができる人=雑談力の高い人は、コミュニケーション能力の高い人。
インターンシップなどの就活の場面においても、この能力はチェックされている。
もちろん社会に出てからも、この能力は必要とされる。
そこで、勇気を出して顔見知りやセミナーなどで一緒になった人に対し、
勇気を出してあいさつをしたものの、そこから会話が発展せず、
むしろ気まずい空気が流れてしまった……。
「こんなことなら話しかけなければよかった」と後悔した経験、ありませんか?
こうした「気まずさ」を解消するためには、「あいさつ」だけでは足りないのです。
ではどんな風に声をかければよいのでしょうか?

あいさつから会話が広がるコツとは? Photo:milatas-Fotolia.com

あいさつだけでは雑談にはならない

 雑談の基本は次の3ステップで構成されています。

ステップ1 声をかける → ステップ2 話す → ステップ3 別れる

 雑談はすべて、この3つのステップで構成されています。
 この3ステップが、余分なものをそぎ落とし、必要最小限の要素だけを残した雑談の「基本型」なのです。

 今回は、ステップ2「話す」について説明しましょう。

 あいさつや「どうも」という声かけは雑談をはじめる絶好のきっかけですが、あくまできっかけでしかありません。
 会話力を磨く第一歩は自分から相手に声をかけること、つまりステップ1の「声かけ」からですが(詳細は前回の記事を参照ください)、残念ながら、それだけでは雑談は成立しません。

 そこで雑談の基本型には「話す」という、核となる2番目のステップが必須になってきます。

 といっても決して難しいことはありません。
 ポイントは「あいさつ+α(プラスアルファ)」。
 あいさつや「あ、どうも」の後に、もうひとネタ、加えてあげればいいのです。

 天気の話でもいい。身近な街ネタでもいい。
 相手の何かをほめてもいい。近くに見えているものをネタにしてもいい。
 何でもかまいません。重要なのは、あいさつだけで終わらせないということ。

 あいさつが、敵意がないとか仲良くなりたいという意思表示ならば、この「+α」は実際に場の空気をほぐし、相手との親近感を高め、心の距離を縮め、仲良くなるための「意思疎通」のステップになります。
 具体的なやりとりで説明しましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)




    会話がはずむ雑談力

    商談、接客、面接、インターンシップ等、あらゆる場面で必要とされるスキルが「会話力」。なかでも、何気ない会話のキャッチボールである「雑談力」は、コミュニケーションスキルの1つとして重要視されている。この連載では、口下手な人や「中身のない会話」が苦手な人でも、誰とでもうまく話せるコツを紹介していく。

    「会話がはずむ雑談力」

    ⇒バックナンバー一覧