ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話がはずむ雑談力
【第6回】 2017年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤孝

雑談力が高い人ほど会話の「終わらせ方」がうまい

1
nextpage

何気ない会話が上手な人は、おしゃべり好きな人だと誤解していませんか?
実は、「単なるおしゃべり」な人は、雑談力が高い人とは言えません。
一方的に話をする人、相手との距離感を保てずダラダラと話し続ける人。
こういう人はむしろ「コミュニケーションに難あり」とマイナス評価を受けることも。
本当に雑談が上手で会話力のある人は、サクッと会話を終わらせられる人なのです。

雑談のキモは「終わらせ方」にあった! Photo:milatas-Fotolia.com

「会話のドツボ」にはまってしまう

 勇気を出してコミュニケーションをとろうと話しかけてみたものの、相手の話が長くて困ってしまった。次の予定があるのに切り出せない。
 時計が気になって、相手の話が全然頭に入ってこないため、相手もやがて「話を聞いているのかな」とあなたに不信感を抱く……。

 もしくは、電車やエレベーターなどで一緒になった人との雑談で、相手が気持ちよく話している途中で自分が先に降りることになり、どうしていいかわからず、逃げるようにその場を立ち去ってしまった。
「ああ、なんて気まずい別れ方だったんだ。きっと感じの悪い人だと思っただろうな」と後悔する。

 こんな風に「会話のドツボ」にはまってしまうケース。
 誰もが一度は経験したことがあるでしょう。

雑談上手な人ほど、会話の「終わらせ方」がうまい

 「雑談が上手な人って、要はおしゃべりな人でしょう」と誤解している人も多いかもしれません。
 しかし、本当にコミュニケーション能力の高い人、雑談上手な人ほど、会話の「終わらせ方」が上手なのです。

 ここで改めて雑談の基本形について説明しましょう。

 雑談の基本は次の3ステップで構成されています。

ステップ1 声をかける → ステップ2 話す → ステップ3 別れる

 雑談はすべて、この3つのステップで構成されています。
 この3ステップが、余分なものをそぎ落とし、必要最小限の要素だけを残した雑談の「基本型」なのです。

 この3ステップ目、雑談の最後は「別れる」なのです。
「別れる」をしっかり行ってこそ、雑談上手、コミュニケーション能力の高い人になれるというわけです。さっそく説明しましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)




    会話がはずむ雑談力

    商談、接客、面接、インターンシップ等、あらゆる場面で必要とされるスキルが「会話力」。なかでも、何気ない会話のキャッチボールである「雑談力」は、コミュニケーションスキルの1つとして重要視されている。この連載では、口下手な人や「中身のない会話」が苦手な人でも、誰とでもうまく話せるコツを紹介していく。

    「会話がはずむ雑談力」

    ⇒バックナンバー一覧