ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

“九州の新たな玄関口”に1日24万人が来店!
なぜJR博多シティは人をひきつけるのか

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第65回】 2011年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2011年3月、JR博多駅に新たな商業施設がオープンしました。

 「JR博多シティ」。延床面積20万平方メートルという巨大な駅ビルです。日本最大級の駅ビルとして今、注目を集めています。

 3月に開業した商業施設の中には震災の影響もあり苦戦しているところもありますが、同施設はオープン1ヵ月の客数、売上共に好調で、目標を大きく上回る結果となったようです。

 震災後の今も客を集めるこの施設の特徴、狙いとは何か。九州から日本を元気にしようと頑張っているJR博多シティをレポートします。

3月は726万人が来店!
年間売上目標670億円に向けて好調発進

 オープンから1ヵ月が経った今も、同施設は好調を維持しています。

 JR博多シティの主要テナントである専門店街のアミュプラザと阪急百貨店の売上目標はそれぞれ300億円と370億円(400億の目標を修正)。両施設の年間売上目標をあわせると、670億円にのぼります。

 2011年3月の来店客数は、目標を20%も上回る726万人で、1日の平均来店者数は24万人となりました。最も多かったのが3月20日の約34万人で、それをピークに4月以降もたくさんの方が来店し続けています。

 アミュプラザの売上は非公表ですが、30億程度の売上に到達した(筆者推測値)ようで、目標比28%増で3月を終えています。

 一方の阪急は、3月における1ヵ月間の来店客数が454万人、1日の平均来店者数は約15万人です。これは大都市の百貨店の中でも非常に多い客数です。

 その結果、阪急の3月の売上高は43億円となりました。天神地区の百貨店が軒並み2ケタマイナスとなる中で、目標を13%も上回ったのです。

 全国の商業施設、特に百貨店が苦戦を続ける中、なぜ博多の同施設はここまでの実績をあげられるのでしょうか。

博多の商業中心地は「天神」から「博多駅」へ?
日本で一番盛り上がる商業施設が採った“包み込み戦略”

 博多駅の再開発は長い時間をかけて進められてきました。

 実際、私の知人で九州のある百貨店の経営者だった方からも、10年近く前から博多の再開発の話を聞いていました。

 もともとは北九州市に拠点を置く百貨店・井筒屋が博多駅に出店していたため、同店がそのまま入居するという話もあったといいます。ですが、結果的には出店せず、新たにテナントとなる百貨店を誘致して再開発がスタートすることになりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧